HOME

Workflow & app guides

3ds Max V-Ray Jp
3ds Max V-Ray Jp
AfterEffects
AfterEffects
Blender
Blender
Cinema4D
Cinema4D
LightWave3D
LightWave3D
Maya Arnold JP
Maya Arnold JP
Maya Redshift JP
Maya Redshift JP
Maya V-Ray JP
Maya V-Ray JP
Modo Native
Modo Native
Modo V-Ray Jp
Modo V-Ray Jp
SketchUp
SketchUp
V-Ray
V-Ray
使い方ガイド
使い方ガイド

Articles

FAQ

SketchUp ガイド

1.ダウンロード及びインストール

https://app.garagefarm.netでWeb Manager(Webダッシュボード)にログインし、右上の三本線から"my account"を選択して言語を日本語に設定します。

Webダッシュボードの言語設定

ダッシュボードの上部にある[ダウンロード]パネルから、ご使用のオペレーティングシステムに合ったrenderBeamerアプリをダウンロードします。

Web Manager downloads panel
Webマネージャーのダウンロードパネル

renderBeamerのインストールが完了したら、アプリを起動してダウンロードディレクトリを選択します。ここがメイン出力先になります。次に、受け取ったアカウントIDまたはアカウントのメールアドレスでログインします。プロジェクトをアップロードしたり、レンダリングされたフレームをダウンロードするときは、常にアプリをバックグラウンドで実行する必要があります。

renderBeamer startup windows
renderBeamer起動ウィンドウ-左側:デフォルトのダウンロードディレクトリ、右側:ログインパネル

renderBeamerにログイン後、歯車のアイコンを押し、”Language”から”Japanese”を選ぶことで日本語にすることができます。

renderBeamerの言語設定

起動時に表示されるプラグインパネルでは、3Dアプリに追加するプラグインをインストールすることができます。

renderBeamer 3D app plugins installation panel
renderBeamer 3Dアプリプラグインインストールパネル

ここのプラグインパネルで、プラグインをインストールし、ファームでの作業ができます。 3Dアプリのプラグインをインストールしたら、次のステップに進みます。

注意

ファームで正しく接続してレンダリングするには、使用する各3Dアプリ(DCC)にプラグインをインストールする必要があることに注意してください。

2.プロジェクトの準備–ページレンダリングモード(単一および複数ページの静止画)

最初に、.vrsceneエクスポート用にSketchUpプロジェクトを用意してください。SketchUpプラグインは自動化された.vrsceneエクスポーターとして機能するため、使用する前にすべてを準備してください。準備は、目的のレンダラーモードに従って行う必要があります。準備プロセスは、SketchUp設定とV-Rayレンダリングオプションで直接実してください。 .vrsceneエクスポート手順があるため、この手順は非常に重要です。

プラグインは、ページレンダリング(マルチページオプション付き)、ページアニメーションフレームレンダリングの3つのモードで使用できます。

Plugin startup menu
プラグインのスタートメニュー

ページレンダリングモード-単一ページレンダリング

このモードは、単一または複数のSketchUpページを静止ショットとしてレンダリングするように設計されています。ページレンダリングを使用すると、現在のプロジェクトページから静止ショットをレンダリングすることを選択できます。以下に、プラグインで使用される.vrsceneエクスポート手順用にシーンを準備する方法について説明します。

V-Ray設定に進み、次のことを確認してください。

  • 適切な解像度を設定
  • ファイル出力パスを設定
  • アニメーションスイッチをオフにします(単一ページのレンダリングの場合)-複数ページのレンダリングの場合は、アニメーションスイッチをオンにする
  • GIキャッシングを選択(単一フレームでキャッシュするか、ファイルから独自のキャッシュを使用します)
  • [レンダリング要素]で目的のレンダリング出力をすべて選択
V-Ray render options
V-Rayレンダリングオプションは使用する前にページレンダリングモードの単一ページ静止ショットレンダリングでプラグインを設定

これで、シーンが正しく設定され、準備が整いました。次の手順に進む前に、必ずシーンを保存してください。次に、拡張機能メニューからrenderBeamerを実行するだけです。

ページレンダリングモードは、Sketchupページを静止ショットとしてレンダリングする場合にのみ使用してください。

静止画像をストリップと呼ばれるいくつかの部分に分割し、それらを複数のノードに分散します。レンダリングするストリップの数を選択できます(1ストリップ= 1ノード。通常、数値が大きいほど、一部の例外を除いて、画像がより早く完成することを意味します)。注意すべき重要なことは、画像の解像度の高さは、選択したストリップの数で割り切れるようにすることです。たとえば、1920x1080を10で割ると、画像は10個のストリップに分割されます。

プラグインはGI設定を読み取り、UIに転送するだけです。常に「ベイク」スイッチ(GIエンジンの横)をオンのままにしておくことを強くお勧めします。それ以外の場合は、すべてのレンダーノードがその「独自の」GIファイルを計算するため、レンダーされたストリップ間に目に見える接続線が期待できます。 「オフ」設定でベイクスイッチを使用することは、BR、BR + BRなどの設定で、または事前にキャッシュされたGIマップでシーンをレンダリングする場合にのみ推奨されます。

Plugin UI for Page render mode
ページレンダリングモードのプラグインUI

続行するには、ストリップの数を選択し、ストリップの方向(水平または垂直)を選択し、ベイクスイッチボックスを再チェックして(つまり、GIをキャッシュします)、レンダリングするページを選択します。これで、プロジェクトが完全にセットアップされ、ファームに送信する準備が整います。

ページレンダリングモード-マルチページレンダリング

複数のページがあり、それらを静止画像としてレンダリングする場合は、最初に、SketchUpアニメーション設定が適切に構成されていることを確認する必要があります。 [表示]> [アニメーション]> [設定]に移動し、シーントランジションを有効にして、下の画像のように時間フィールドに1秒を入力します。

SketchUp animation setting for multi page
複数ページの静止ショットレンダリング用のSketchUpアニメーション設定

次に、V-Ray設定に移動し、次のことを確認してください。

  • 適切な解像度を設定
  • ファイル出力パスを設定
  • アニメーションスイッチをオンにする
  • 時間セグメントのフレーム範囲を使用し、[アニメーション範囲の取得]をクリックしてフレーム範囲を調整
  • GIキャッシングを選択(単一フレームでキャッシュするか、ファイルから独自のキャッシュを使用)
  • [レンダリング要素]で目的のレンダリング出力をすべて選択
V-Ray settings
プラグインを使用する前に設定する必要のあるV-Rayレンダリングオプションのマルチページスチルショットレンダリングを使用したページレンダリングモード

これで、シーンが正しく設定され、準備が整いました。次に、拡張機能メニューからrenderBeamerを実行するだけです。プラグインの使用法は、単一ページのレンダリングの場合とまったく同じです。

3.プロジェクトの準備–ページアニメーションモード(アニメーションページ)

このモードは、完全にアニメーション化されたカメラショットに使用します。まず、SketchUpアニメーションの設定が適切に構成されていることを確認してください。 [表示]> [アニメーション]> [設定]に移動し、シーントランジションを有効にして、時間フィールドに1秒を入力します。 Sketchupはフレームではなく、秒単位で動作します。デフォルトでは、V-Ray3.xは毎秒30フレームを設定します。つまり、シーン遷移時間を1秒に設定すると、ページ1からページ2の間に30フレームがレンダリングされます。シーン遷移に2秒を設定すると、SketchUpページの間に60フレームがレンダリングされます。

次に、V-Ray設定に移動し、次のことを確認してください。

  • 適切な解像度を設定
  • ファイル出力パスを設定
  • アニメーションスイッチをオンにする
  • タイムセグメントにアニメーション全体を使用する
  • GIキャッシングを選択(単一フレームでキャッシュするか、ファイルから独自のキャッシュを使用します)
  • [レンダリング要素]で目的のレンダリング出力をすべて選択します
V-Ray Asset Editor

これで、シーンが正しく用意され、準備が整いました。次の手順に進む前に、必ずシーンを保存してください。次に、拡張機能メニューからrenderBeamerを実行するだけです。

ページアニメーションモードは、アニメーションプロジェクトをレンダリングする場合にのみ使用してください。

注意すべきもう1つの重要な点は、デフォルトでSketchUpはページごとに30フレームをレンダリングすることです。この値は、時間フィールドを使用して、SketchUp設定の[表示]> [アニメーション]> [設定]で調整できます。次に、ページ範囲(開始ページと終了ページ)を選択し、ベイクステップ(GIをキャッシュするためのステップを定義します。つまり10 = 10フレームごと)を設定し、[ダイレクトライトを保存する]チェックボックスをオンにする必要があります。これで、プロジェクトが完全にセットアップされ、ファームに送信する準備が整いました。

renderBeamer Sketchup
イラディアンスマップ(GIキャッシングの現在のマップオプションへの増分追加、およびレンダリング用のファイルから)+ライトキャッシュ(GIキャッシングのフライスルーモード)。他のGIセットアップを使用している場合は、代わりにフレームレンダリングモードを使用してください。

4.プロジェクトの準備–フレームアニメーションモード(高度なフレームモード)

フレームアニメーションモードは、SketchUpページではなく、フレームの操作に精通している上級ユーザー向けに設計されています。フレームとSketchUpのワークフローがよくわからない場合は、代わりにページレンダリングモードまたはページアニメーションモードを使用してください。

フレームアニメーションを使用すると、レンダリングする正確なフレーム、または静止ショットとしてレンダリングする必要のあるフレームを選択できます。デフォルトでは、SketchUpは毎秒30フレーム(FPS)でシーンをレンダリングします。つまり、プロジェクトが1ページから始まり、8ページで終わる場合、レンダリングするフレームは210フレームになります(フレーム0から始まります)。フレームモードでは、範囲レンダリングと静止画像レンダリングの2つの組み合わせモードで操作できます。

two combined modes - range rendering and still image rendering
左側-フレーム範囲を使用したフレームレンダリングモードのプラグインUI(アニメーション用)。右側-単一フレームを使用するフレームレンダリングモードのプラグインUI(静止画用)

範囲レンダリングでフレームレンダリングを使用するには、「フレーム範囲」フィールドに目的のレンダリング範囲を入力するだけです。フレーム範囲の終わりにある「s」値を変更することで、(テスト目的で)レンダリングステップを設定することもできます。たとえば、レンダリング範囲を0〜210s10に設定すると、10フレームごとにレンダリングされます。プラグインでは、プロジェクトで設定されている範囲よりも広い範囲をレンダリングできないことに注意してください。 GI設定に関しては、V-Rayレンダリングセットアップから転送され、プラグインUIに反映されます。デフォルトでは、ベイクスイッチがオンになっているため、レンダリング前にシーンをGIキャッシュできます。

分散静止ショットレンダリングでフレームレンダリングモードを使用するには、「フレーム範囲」フィールドに単一のフレーム値を入力する必要があります。静止画モード(「ページレンダリング」と同様)は、単一フレームレンダリングでのみ機能します。つまり、プロジェクトのレンダリング範囲でフレームを選択し、それを1つのショットとしてファームに転送することができます。デフォルトでは、単一フレームのレンダリング範囲を使用する場合、ストリップのオン/オフスイッチは常にオンになります。次に、使用するストリップの数を選択できます。ストリップが多いほど、通常はレンダリングが速くなります。

解像度は偶数で割り切れる必要があることに注意してください。

良い例-3840x2160-この解像度で10、20、または30のストリップを簡単に使用できます。

悪い例-3843x2169-この解像度を分割するのはかなり難しいため、使用できるストリップはわずかです。

5.シーン処理中のsRGBスイッチとSketchUp

[ファームに送信]をクリックした後、プラグインがシーンをエクスポートしている間は、SketchUpを操作しないでください。プログラムがハングしているように見えるかもしれませんが、実際には、V-Rayエクスポーターはバックグラウンドで動作しています。シーンのサイズと複雑さによっては、1分以上かかる場合があります。大規模なプロジェクト(500MB以上、多くのジオメトリ、追加のアセットなど)では、.vrsceneのエクスポートに10分以上かかる場合があります。その後、SketchUpを引き続き使用するか、SketchUpが不要になるため、SketchUpを閉じることができます。

プラグインは、シーンで使用したsRGB出力設定の確認について通知します。ローカルマシンと同じ設定でシーンをレンダリングすることが重要です。 V-Rayフレームバッファーを開き、ウィンドウの下部にある色空間設定を確認します。デフォルトでは、sRGBスイッチは常にオンになっています。シーンをアップロードした後、後でsRGBをオンまたはオフに設定することもできます。

V-Ray frame buffer window
V-RayフレームバッファウィンドウのsRGBスイッチ

注意

フルレンジのアニメーションまたはフル解像度の静止画像をレンダリングする前に、必ず最初にテストジョブを実行して、潜在的な問題をチェックし、推定ジョブコストを取得する必要があります。アニメーションの場合は、最初に短い範囲または1ページをレンダリングしてみてください。静止画像の場合は、解像度の低いジョブ(1/5解像度)をレンダリングしてください。これは従うべき非常に重要なステップであり、クレジットを使いすぎることなくサービスを完全にテストするのに役立ちます。予備的なコスト見積もりを取得するには、コスト計算ツールを使用してください。これは大まかな数値であり、実際のテストに取って代わるものではありませんが、アニメーションのコストとレンダリング時間の見積もりをすばやく取得する方法です(静止画では機能しません)。

テストの重要性とレンダリングのコストと時間を見積もる方法について詳しくは、FAQページをご覧ください。

6.プロジェクトをアップロード

プラグインがシーンのエクスポートを完了すると、プロジェクトはrenderBeamerにリダイレクトされてアップロードされます。renderBeamerは、プラグインと連携して動作するスタンドアロンのアップローダー/ダウンローダーアプリケーションです。簡単に言うと、renderBeamerはファイル転送を処理するプログラムと言えます。

シーンが完全にアップロードされると、アプリは、Webマネージャー(Webダッシュボード)のシーンへの直接リンクを含むウィンドウを表示します。続行するには、ここをクリックしてジョブを送信ボタンをクリックしてください。何らかの理由でリンクを選択した後、ウィンドウを閉じた場合、または機能しなかった場合でも、心配しないでください。プロジェクトをWebダッシュボードで見つけ、シーンファイルをクリックすることでいつでもシーンを送信できます(詳細は次のステップ)。リンクをクリップボードにコピーして、手動でWebブラウザーに貼り付けることもできます。

creating and submitting a job to render farm
レンダーファームにジョブを追加するオプションを備えたrenderBeamerウィンドウ

7. ジョブの送信及びレンダリング進行状況モニタリング

プロジェクトがアップロードされたので、最後のステップである、ファームでレンダリングするジョブを作成して送信する必要があります。 Webマネージャーは、すべてのプロジェクトとレンダリングジョブのホームになります

以前にrenderBeamerによって生成されたリンクをたどった場合は、いくつかのフィールドと設定を含むジョブ送信ウィンドウが表示されます。リンクをたどらなかった場合や機能しなかった場合は、プロジェクトパネルでプロジェクトを探し、プロジェクトフォルダー内のシーンファイル(フォルダー構造でProject_name/data/SceneName.maxのように「data」というフォルダーを探します。)を見つけて手動で行うことができます。それをクリックしてジョブウィンドウを開きます。

scene to rendering directly from Web Manager file browser
Web Managerファイルブラウザーから直接レンダリングにシーンを追加

ジョブを送信するときに、高、中、低の3つの優先順位から選択できます(優先順位の詳細については、価格ページFAQページをご覧ください)。各優先順位のキューの長さに関する情報も表示されます。これは、使用する優先順位を決定するのに役立ちます。

レンダリング設定を最終的にチェックし、優先順位を選択したら、[送信]をクリックしてジョブをレンダリングキューに追加します。初めてのユーザーの場合は、25ドル相当のクレジットを受け取ってサービスをテストできます。クレジットは、いくつかのテストジョブを実行し、サービスに慣れるのに十分です。

ヒント

ジョブを右クリックして、追加オプションを確認できます:優先順位の変更、ジョブの一時停止、ジョブの強制終了、ジョブのアーカイブ

注意

見積は現在終了しているフレームに基づいており、その時点での概算です。プラグインで指示されたとおりにステップ1to100s10などを使用してテストジョブをレンダリングすることは、より正確な見積と潜在的なエラーの検出のために強く推奨されます。

jobs added to render queue and options available
レンダーキューに追加されたジョブとマウスの右ボタンで利用できるオプション

レンダリングジョブを開始したら、現在処理されているフレームの進行状況をリアルタイムで確認できます。これを行うには、メインプロジェクトリストからレンダリングジョブを選択し、右上の矢印をクリックして進行状況パネルを開きます。

Web Manager progress panel
現在レンダリング中のフレームを表示するWeb Managerの進行状況パネル

画面右側の進行状況パネルには、いずれかのジョブが選択されている場合にのみ、その内容が表示されます。パネルは3つのセクションに分かれています。

アクティブフレーム-現在レンダリング中のフレームを表示します。フレームのレンダリングが終了すると、2番目のセクションの完了フレームに移動します。 [完了フレーム]リストで任意のフレームを選択すると、下部の[処理結果]セクションのレンダリング出力処理ログにアクセスできます。

ヒント

プログレスパネルで[アクティブフレーム]セクションの現在レンダリング中のフレームを右クリックすると、ノードからリアルタイムレンダリングログにアクセスできます。

注意

ジョブのレンダリングが完了すると、すべてのフレームが既にレンダリングされ、リストが「完了フレーム」に移動されるため、「アクティブフレーム」セクションのフレームリストは空になります。

real-time render log
「アクティブフレーム」セクションでアクセス可能なノードからのマウス右クリックでリアルタイムレンダリングログが確認できる。

8.フレームダウンロード及び確認

レンダリングが完了した各フレームは、renderBeamerアプリケーションで選択したディレクトリのローカルドライブに自動的にダウンロードされます。ダウンロードフォルダーの場所がわからない場合は、もう一度確認するか、renderBeamerの設定で変更できます(歯車アイコンをクリックします)。また、フレームが利用可能になり次第ダウンロードされるように、自動ダウンロードがオンになっていることを確認してください。このボックスがチェックされていないの場合、renderBeamerの[ダウンロード]タブで各ジョブをクリックし、フレームを手動でダウンロードします。

auto download ON
自動ダウンロードをオンにしたrenderBeamerのデフォルト設定

何をいつダウンロードするかをより細かく制御したい場合は、フレームを手動でダウンロードすることもできます。それには、renderBeamer設定で自動ダウンロードチェックボックスのチェックを外して[ダウンロード]タブに移動します。次に、チェックボックスを使用して該当のレンダリング出力を選択し、ダウンロードボタンをクリックします。

renderBeamer downloading frames
レンダージョブが選択されているrenderBeamerのダウンロードフレーム

この種類のワークフローは、選択した1つまたは複数のジョブのすべてのレンダリング終了したフレームをダウンロードします。ただし、renderBeamerには、個々のフレームをダウンロードするオプションもあります。そのためには、マウス右クリックでファイルリスト機能を使用します。

renderBeamer listing files option
renderBeamerで選択したレンダリングジョブのファイルリストオプション

選択したジョブのファイルがリストに表示されたら、リストをロールダウンし、チェックボックスを使用してダウンロードするファイルを選択します。次に、同じくダウンロードボタンをクリックします。

renderBeamer downloading only selected frames
renderBeamerはレンダージョブから選択されたフレームのみをダウンロード

フレームがダウンロードされたら、マウス右クリックメニューのディレクトリを開くオプションを使用して、フレームが保存されているフォルダーを開くことができます。

注意

フレームをすぐにダウンロードするレンダリングジョブがある場合は、必ずrenderBeamerを実行し続けたままにしてください。ただし、特定の瞬間にフレームがダウンロードされない場合があります。これは、アプリケーションがサーバー上のファイルを15分のサイクルでチェックを行いますが、現在、サイクルの間にあることが原因である可能性があります。リスト更新をクリックすると、次のサイクルを待たずに強制的にチェックを行います。

9. クレジット購入

すべてのお試しクレジットを使い切った場合、サービスを続けて使用するには、アカウントにクレジットを追加する必要があります。残高が0ドル未満になると、レンダリングされたフレームをダウンロードしたり、新しいレンダリングジョブを開始したりできなくなります。ウェブマネージャーの[会計]パネルで支払いを行うことができます。デビットカード、クレジットカード、PayPal、DotPayでのお支払いが可能です。

レンダリングのニーズが高い場合、または定期的にレンダリングする予定がある場合は、ボリュームディスカウントを確認してください。

billing panel where you can buy credits, view cost & payment history
クレジットの購入、コストと支払い履歴の表示、割引の表示ができる会計パネル

10. お問い合わせ

GarageFarm.NETの技術チームといつでお話しできます。私たちはサービスを利用し始めるあなたを助けるため、あなたの質問に答えるため、そしてあらゆる方法であなたを助けるためここにいます。遠慮なく声をかけてください。

LINE公式アカウント@garagefarmjpから日本語でのお問い合わせできます。
LINEケータイアプリから、こちらのQRコードをスキャンし、友だち追加してください。(対応時間:午前9時から午後10時まで)

アカウントにログインして、Webダッシュボード、デスクトップアプリからアクセスできるライブチャット、またはゲストチャットで弊社にメッセージを送っていただいたら連絡できます。

新規のユーザー様から頂いた質問のほとんどに答えを集めたFAQページもご参照ください。

SketchUp
Chat