Autodesk Mayaは、映画、広告、VFXなど、3Dアニメーション業界では欠かせないソフトウェアです。私たちガレージファームのMayaレンダーファームは、完全で最新のサポートをご提供しています。 V-ray for Maya、Mental Ray for Maya、Arnold for Mayaなどの外部レンダラーもすべてサポートしています。

50$のクレジットをゲットして
始めましょう

登録してレンダリングを始める

Mayaレンダーファーム

私たちは、バージョンの要件からサードパーティのプラグイン統合まで、お客様のあらゆるニーズをお伺い致します。
Mayaの 3dプラグインは軽くて使いやすく、GUIの独自のシェルフに配置されるため、難しい設定なしにレンダーファームへのアップロードができます。

24時間年中無休のライブサポートチームは、お客様が必要な時にすぐ対応できるよう、ライブチャットでいつでも待機しています。
今すぐMAYAのレンダリングを始めましょう。そして、
$50相当のお試しクレジットをゲットしましょう!特別な契約などは必要ありません。

ソフトウェアと機能

Mayaレンダリングエンジンのグローバル機能

  • すべてのサービスパックと拡張機能を含む、Autodesk Mayaバージョン2014から最新までのバージョン
  • VRayバージョン2.4からナイトリービルドを含む最新までのバージョン
  • Mental rayバージョン2012〜2016およびArnoldの全バージョンに対応
  • 静止ショット、フルアニメーション、カメラフライスルーアニメーション、およびベイク処理の分散レンダリング
  • Windows、Mac、LinuxのOSサポートおよびネットワークドライブのサポート
  • プロジェクトディレクトリ内外のアセットのサポート
  • 参照シーンのサポート
  • 完全統合されたアセット再リンク機能
  • 自動でのシーンのバージョン管理、シーンのチェック、アセットの同期
  • 対応プラグイン:BiFrost、RealFlow、Yeti、PhoenixFD、XGen、Goleam、Alshaders、Ornatrix

V-Ray for Mayaレンダリング

  • 現状のままのレンダリングモード対応(設定とキャッシュはシーンから取得されます)
  • カメラアニメーションのベイク対応(カメラのみが移動しているシーンのGIキャッシュ)
  • フルアニメーションのベイク対応(オブジェクト、ライト、カメラが移動しているシーンのGIキャッシュ)
  • 静止画像対応(高解像度の単一フレーム)、GIはブルートフォースに設定されます。

MentalRay for Mayaレンダリング

  • MentalRayバージョン2012 – 2016
  • 現状のままのレンダリングに対応
  • 静止画像対応(高解像度単一フレーム)

Arnold for Mayaレンダリング

  • 現状のままのレンダリングに対応
  • 静止画像対応(高解像度単一フレーム)
  • すべてのバージョンに対応しており、弊社のシステムがバージョンを自動的にユーザーの設定に適応させます。

20,000 CPUコア
64〜256 GBのRAM

24時間年中無休のサービス

ライブチャットとSkypeによる
年中無休のリアルタイムサポート

Mayaレンダリングエンジン

Arnold render logo
Redshift Logo
Autodesk Mayaプラグイン
- スタートアップガイドとプラグインモード
シェルフにないプラグインの
Mayaのレンダリングと修正
Chat