GPU renderingRedshift render farmFstorm render farmVray for Mayacycles for blender

GPUの新しいレンダリングエンジンは、近年ようやく主流のCPUパワーハウスと同じように機能するようになり、3Dアートの作成、アニメーション化、視覚化がこれまでになく簡単で楽しいものになりました。 GPUコンピューティングが出現し、それがコンピュータグラフィックスの世界で拡大したことにより、コストに優しく信頼性の高いGPUレンダリングサービスを提供できるようになりました。それが私たちがGPUレンダーファームを使用している理由です。

私たちのアーティストフレンドリーなGPUレンダーファームは、何千もの強力なGPUノードと、高度でありながら使いやすいレンダリングソフトウェアを組み合わせて、重くて遅いレンダリングの問題を解消します。 するべきことは、3Dアプリインターフェース内からシーンを送信し、それがレンダリングされるのを確認するだけです。 レンダリングしたいMoGraph、VFX、Product Visualization、またはArchVizのシーンがございますか? 登録時に無料のクレジットをゲットして、まずは一度トライアルでレンダリングをお試しください。 ハッピーレンダリング!

無料のトライアルをはじめる
50$のトライアルクレジットをゲットする。クレジットカードの登録は必要ありません。
$0.0025 / OB 時間
他より4倍お得です

特徴

DCC統合

私たちのプラグインはあなたの3Dアプリケーションと統合され、すべての面倒な作業を行います。

スマートシーンチェック

私たちのプラグインがシーンをチェックし、エラーをキャッチして、クラウドファームでレンダリングするためにシーンを準備します。

オンデマンドレンダリング

数百のノードをプロジェクト専用として、必要なときに必要な期間だけ使用することができます。

400 TESLA K80 CARDS

アーティストフレンドリーなセットアップ

技術的な知識やIT管理者の助けは必要ありません。 プラグインをインストールして自分のPCでレンダリングするのと同じくらい簡単です。

CPUとGPUでレンダリング

GPUノードには8xTeslaK80カードが搭載されています。 これは、単一の1080TiGPUよりも3倍高速です。

24時間年中無休のライブチャットサポート

私たちの技術サポートはチャットと電子メールから、リアルタイムで年中無休いつでもご利用いただけます。

対応プラグイン

  • X-Particles

  • Turbulence FD

  • RealFlow

  • Anima

  • Easy Rain

  • Greyscalegorilla Complete Suite

  • FumeFX

  • Ornatrix

  • Phoenix

  • Forester

Cinema 4D
R18 - R24,S22+
Maya
2017 - 2020
3ds Max
2013 - 2022+
Redshift
2+ - 3+
FStorm
1.0.1c - 1.4.2g
Blender
2.63 - 2.93+
V-Ray RT
coming soon
※一部のプラグインはリストにない場合があります
※特定のプラグイン/バージョンのリクエストがある場合はお問い合わせください

ワークフローの概要

Download our renderBeamer application and install the plugin for your DCC.

Locate the renderBeamer plugin in your DCC interface, start it and choose your settings.

Send the project to the farm with all the settings saved and assets included.

When project is uploaded, submit a job to render farm queue and watch it render in real time.

When rendering is finished each frame will automatically download to your computer.

完全ガイドを読む

お問い合わせ

どの解決策を選ぶべきか、どのように機能するのかなど、もっと詳しい情報は下記より入手してください。

Thank you! Your submission has been received!
Oops! Something went wrong while submitting the form.

よくある質問

私たちのGPUノードは主に以下を備えています:

- 8x Tesla K80 12GB / Intel V3 40v. コア/ 120GB RAM / 2.00 GHz / 587 OctaneBench
- 8x Tesla P100 16GB / Intel V4 40v. コア/ 120GB RAM / 2.60 GHz / 1996 OctaneBench

ノードの仕様に関する最新の情報は、料金ページをご覧ください。

価格はフレームのレンダリング時間と選択した優先度によって異なります。 1時間あたりのOctaneBenchを料金の単位としており、価格帯は次のとおりです。

優先度"低" OB時間毎に$ 0.0025(〜$ 1.5 /時間)
優先度"中" OB時間毎に$ 0.0038(〜$ 2.25 /時間)
優先度"高" OB時間毎に$ 0.0050(〜$ 3.00 /時間)

詳細については、料金ページをご覧ください。 コスト計算ツールを使用して、レンダリングコストの見積もりを取得することもできます。

シーンに不足しているアセットがないことを確認してください。 それ以外はローカルでレンダリングする場合と同じように、フレーム範囲、出力、レンダリングエンジンを設定し、シーンを保存するだけです。 プラグインがすべてのアセットとシーンの設定を自動的に収集し、アップロード用のパッケージを準備します。

ファームにアップロードするプロジェクトのサイズに制限はありません。 数MBから数百GBまで何でもアップロードできます。 当社のインフラストラクチャとソフトウェアは、常にパフォーマンスを維持しながら、大規模で複雑なプロジェクトを処理するように設計されています。

すべての一般的な出力形式をサポートしています。ただし、フレームにレンダリングするため(ビデオでははありません)、出力として設定された.movなどのあらゆる種類のビデオ形式は直接サポートされませんのでご注意ください。 フレームをビデオにレンダリングするには、「ビデオに変換」という機能を使用して、ファームでレンダリングしたすべてのフレームを取得し、それらをビデオ出力にマージできます。

使用した分だけレンダリング時間に応じてお支払いいただけます。 使用時間の1分ごとに課金され、支払わなければいけない決まった基本料金はありません。シーンをレンダリングするのに必要な分だけ、わずか1ドルからでも支払うことができます。

Cinema 4D、Maya、および3dsMaxのRedshift、BlenderのCycles、3ds MaxのFStorm、Cinema 4d、Maya、3ds、およびBlenderのProRenderに対応しています。

Octane Renderはレンダーファームでは対応していませんが、私たちのGPUサーバーレンタルサービス”Xesktop”のご使用をお勧めします。 リモートデスクトップを介して、10x1080Tiおよび8xV100を備えた強力なレンダリングマシンにアクセスできます。

詳細と最新情報については、対応しているアプリのページをご確認ください。

アカウントを作成したら、プラグインに付属のアプリケーションをダウンロードしてインストールする必要があります。 3Dプログラムのプラグインをインストールすると、DCCのインターフェースからプロジェクトを準備してファームにアップロードできるようになります。

レンダリングが完了した各フレームは、renderBeamerと呼ばれるアプリを介してご使用のローカルドライブのフォルダーに自動的にダウンロードされます。 アプリが実行されている限り、フレームはすぐにダウンロードされます。 別の方法として、FTPクライアントアプリを使用してファームのストレージにアクセスできます。

ファーム監視ツール(リアルタイムの進行状況、フレームプレビュー、リソース使用量、レンダリングログなど)にアクセスできます。 当社のツールは、発生する可能性のあるエラーを特定してトラブルシューティングに役立ちます。 さらに、ライブチャットを通じて24時間年中無休でテクニカルサポートに相談できます。

Chat