ホーム

使い方とアプリ別ガイド

3ds Max Corona
3ds Max Corona
3ds Max V-Ray
3ds Max V-Ray
Maya Arnold
Maya Arnold
Maya Redshift
Maya Redshift
Maya V-Ray
Maya V-Ray
Modo Nativeレンダリングガイド
Modo Nativeレンダリングガイド
Modo V-Rayレンダリングガイド
Modo V-Rayレンダリングガイド
レンダリング基本ガイド
レンダリング基本ガイド
Cinema4D ガイド
Cinema4D ガイド
Blender ガイド
Blender ガイド
SketchUp ガイド
SketchUp ガイド
V-Ray ガイド
V-Ray ガイド
AfterEffects ガイド
AfterEffects ガイド
LightWave3D ガイド
LightWave3D ガイド

記事

よくある質問

After Effects ガイド

注意

After Effectsのサポートはまだ開発の初期段階にありますので、特定の機能がサポートされていない、意図したとおりに機能しない、などの場合があります。 問題が発生した場合は必ず技術チームにご連絡ください。 迅速にサポート致します。

1.ダウンロード及びインストール

https://app.garagefarm.netでWeb Manager(Webダッシュボード)にログインし、右上の三本線から"my account"を選択して言語を日本語に設定します。

AfterEffectsレンダリングガイド
Webダッシュボードの言語設定

ダッシュボードの上部にある[ダウンロード]パネルから、ご使用のオペレーティングシステムに合ったrenderBeamerアプリをダウンロードします。

GarageFarm app's download page
Webマネージャーのダウンロードパネル

renderBeamerのインストールが完了したら、アプリを起動してダウンロードディレクトリを選択します。ここがメイン出力先になります。次に、受け取ったアカウントIDまたはアカウントのメールアドレスでログインします。プロジェクトをアップロードしたり、レンダリングされたフレームをダウンロードするときは、常にアプリをバックグラウンドで実行する必要があります。

renderBeamer startup windows
renderBeamer起動ウィンドウ-左側:デフォルトのダウンロードディレクトリ、右側:ログインパネル

renderBeamerにログイン後、歯車のアイコンを押し、”Language”から”Japanese”を選ぶことで日本語にすることができます。

AfterEffectsレンダリングガイド
renderBeamerの言語設定

起動時に表示されるプラグインパネルでは、3Dアプリに追加するプラグインをインストールすることができます。

renderBeamer 3D app plugins installation panel
renderBeamer 3Dアプリのプラグインのインストールパネル

このプラグインパネルでプラグインをインストールすると、ファームでの作業が可能になります。 3Dアプリのプラグインをインストールしたら、次のステップに進みます。

注意

ファームに正しく接続してレンダリングするために、ご使用になる各3Dアプリ(DCC)にプラグインをインストールする必要がありますのでご注意ください。

2.プロジェクトを準備

After Effectsでプロジェクトを開き、レンダーファームでレンダリングするための準備をします。

  • プロジェクトに不足しているアセットが含まれていないかご確認ください。
  • ビデオアセット-プロジェクトでMOVアセットを使用する場合はご注意ください。 使用するコーデックによっては、After Effectsが別のプラットフォームへのローディングを拒否する場合があります(ファーム環境はWindowsベースです)。 一番信頼性の高いソリューションとして、画像シーケンスをできるだけ頻繁に使用することをお勧めします。
  • 解像度、フレームレート、継続時間など、必要なコンポジションを設定します。 フレームとしてレンダリングするときは、四捨五入した整数を使用することを強くお勧めします(例えば29.97ではなく30フレーム/秒にします)。
Composition settings page
コンポジション設定-ここでは、ファームレンダリングの出力設定を準備できます
  • コンポジションを選択し、AEレンダリングキューに追加します。 プラグインは、AEレンダリングキューに追加されたコンポジションのみを準備して送信し、シーンで使用されている他のコンポジションは無視されます。
Adding desired composition to render queue - GIF
レンダリングキューにコンポジションを追加する
  • 「レンダリングキュー」構成の設定 - レンダリング設定、品質、出力形式を構成します。
AfterEffectsレンダリングガイド
  • 出力形式に関して、ファームですべての出力形式に対応しているわけではありません。特に「カスタム」で作成された出力テンプレートは、ファームでのレンダリングプロセスで問題を引き起こす可能性があります。標準の出力プリセットを使用し、理想的にはコンポジションをビデオではなくフレーム(PNGまたはJPGシーケンス)にレンダリングすることを強くお勧めします。
  • 画像シーケンスとビデオ形式 - レンダーファームの速度とパワーを活用するには、コンポジションを画像シーケンス(PNGまたはJPG)にレンダリングする必要があります。 シーケンスの各フレームは複数のマシンに分散され、並列にレンダリングされるため、合計レンダリング時間が短縮されます。 ビデオ形式(mp4)を出力として選択した場合、コンポジションは1台のマシンでレンダリングされるためレンダリングはかなり遅くなります。 ファームで別のタスクを作成することで、レンダリングされた画像シーケンスをビデオに簡単に変換できます。
  • GPUアクセラレーションとGPU対応プラグイン - 弊社ではAfterEffectsのCPUレンダリングにのみ対応しているため、プロジェクトをファームに送信する前に、GPUのレンダリングに必要となるすべてのエフェクトとプラグインを無効にしてください。

3.プラグインを使用

プロジェクトの準備が整い、送信の準備ができたら、プロジェクトを保存してAEプラグインを使用してください(メニューのCompositionを開く>  renderBeamer: Beam it up!を選択)。

また、renderBeamerコスト計算機を使用して、プロジェクトのコストと時間の概算見積もることもできます(注:より正確な見積もりを得るには、ファームでテストを実行することをお勧めします)。

オプションの1つを選択すると、プラグインがシーンをエクスポートし、すべてのプロジェクトデータがrenderBeamerアプリにリダイレクトされ、ファームにアップロードされます。

AfterEffectsレンダリングガイド
AfterEffectsのインターフェースからrenderBeamerプラグインを実行する

プロジェクトをBeam it up!で送信すると、プラグインがシーンをエクスポートし、すべてのプロジェクトデータがrenderBeamerアプリにリダイレクトされます。

AfterEffectsレンダリングガイド
renderBeamerアプリのAfterEffectsセットアップタブ

ここから、レンダリング可能なコンポジションを選択し、目的のビデオ/オーディオ出力を設定できます。

プロジェクトが簡単なもので、コンポジションが1つしかない場合は、smart collectスイッチを使用できます。 smart collectを使用すると、プラグインは1つのレンダーキューコンポーネントに接続されているアセットのみをアップロードします。 もしプロジェクトに、シーンの編集と準備に使用されている複数のコンポジションが含まれている場合は、smart collectをオフのままにしてください。

Ignore missing assetsは、プロジェクトに欠落しているテクスチャ、アニメーションクリップ、スクリプトなどが含まれている可能性がある場合にのみ実行してください。プロジェクトに欠落しているアセットが含まれており、Ignore missing assetsがオフの場合、AfterEffectsレンダーファームのプロセスがシーンをレンダリングできなくなりますのでご注意ください。

次に、フレーム範囲、出力形式、解像度のレンダリング設定を確認できます。 その下にvideo & audio setupsがあり、ここでは、エンコーダタイプ、プロファイル、フレームレートなど、必要なビデオ出力オプションを設定できます。

注意

フレームはメインのレンダリングジョブとして画像(PNG)にレンダリングされますのでご注意ください。 ビデオ出力(オーディオ有または無し)は、AfterEffectsプロセスが完了した後に、レンダリングされたフレームから構成されます。

設定に問題がなければ、[送信]ボタンを押してください。 これで、renderBeamerがシーンを保存し、すべてのデータがファームにアップロードされます。

4.プロジェクトをアップロード

プラグインがシーンのエクスポートを完了すると、プロジェクトはrenderBeamerにリダイレクトされてアップロードされます。renderBeamerは、プラグインと連携して動作する独立したアップローダー/ダウンローダーアプリケーションです。簡単に言うと、renderBeamerはファイル転送を処理するプログラムと言えます。

シーンが完全にアップロードされると、Webマネージャー(Webダッシュボード)へのリンクが記載されたウィンドウがアプリから表示されます。続行するには、「ここをクリックしてジョブを送信」をクリックしてください。何らかの理由でウィンドウを閉じてしまった場合や機能しなかった場合、Webダッシュボードのプロジェクトから、後でシーンファイルをクリックしてシーンを送信できます(詳細は次のステップで)。リンクをクリップボードにコピーして、手動でWebブラウザーに貼り付けることもできます。

renderBeamer window with options to add job to render farm
レンダーファームにジョブを追加できるオプションが記載されたrenderBeamerウィンドウ

5.ジョブの送信及びレンダリング進行状況のモニタリング

プロジェクトがアップロードされたら、最後にレンダリングするジョブを作成してファームに送信します。 Web Managerですべてのプロジェクトとレンダリングジョブの管理ができます。

前のステップでrenderBeamerによって生成されたリンクを開くと、いくつかの項目と設定が記載されたジョブ送信ウィンドウが表示されます。 リンクを開かなかった場合、またはリンクが機能しなかった場合は、プロジェクトパネルでプロジェクトを見つけ、プロジェクトフォルダー内でシーンファイル(フォルダー構造で「データ」というフォルダーを探します。例:Project_name / data / Scene_name.aepx)を見つけ、クリックしてジョブウィンドウを開きます。

AfterEffectsレンダリングガイド
WebManagerファイルブラウザから直接レンダリングにシーンを追加

このように、すべてのプラグインレンダリング設定はWebManagerに転送されます。 もしさらにレンダリング範囲などを変更したい場合は、最終的にこちらで変更可能です。

すべて問題がなければ、「送信」ボタンを使用してください。これで、シーンがファームのレンダリングキューに転送され、ビデオジョブのウィンドウが前面に表示されます。

注意

After Effectsをビデオ出力でレンダリングするときは、「create video」スイッチをオフにしないでください。オフの場合、シーンはPNGにレンダリングされます。

AfterEffectsレンダリングガイド
After Effectのプロジェクトに「ビデオを作成」を追加

後はビデオジョブの[送信]ボタンをクリックするのみになります。 この時にビデオffmpegを含むシーンがファームのレンダリングキューに追加されます。

6.フレームダウンロード及び確認

レンダリングが完了した各フレームは、renderBeamerアプリケーションで選択したディレクトリのローカルドライブに自動的にダウンロードされます。ダウンロードフォルダーの場所がわからない場合は、もう一度renderBeamerのダウンロード設定(歯車アイコンをクリックします)で内容を確認するか、保存先を変更できます。また、フレームがレンダリングされ次第ダウンロードされるように、自動ダウンロードがオンになっていることを確認してください。このボックスがチェックされていない場合、renderBeamerの[ダウンロード]タブで各ジョブをクリックし、フレームを手動でダウンロードします。

renderBeamer default settings with auto download ON
自動ダウンロードがオンになっているrenderBeamerのデフォルト設定

何をいつダウンロードするかをより詳細に設定したい場合は、フレームを手動でダウンロードすることもできます。それには、renderBeamer設定で自動ダウンロードのチェックボックスのチェックを外して「ダウンロード」タブに移動します。次に、チェックボックスを使用して該当のレンダリング出力を選択し、ダウンロードボタンをクリックします。

enderBeamer downloading frames for a selected render job
renderBeamerで選択したレンダリングジョブのフレームをダウンロードする

このワークフローは選択した1つ、または複数のすべてのレンダリングが完了したフレームをダウンロードします。 ただし、renderBeamerには、個々のフレームをダウンロードするオプションもあります。 これを行うには、右クリックからリストファイル機能を設定します。

renderBeamer listing files option for selected render job
renderBeamerのレンダリングジョブで設定できるファイルリストオプション

選択したジョブのファイルがリストに表示されたら、ロールダウンのチェックリストからダウンロードするファイルを選択し、ダウンロードボタンをクリックします。

renderBeamer downloading only selected frames from a render job
renderBeamerはレンダージョブから選択されたフレームのみをダウンロードする

フレームがダウンロードされたら、右クリックから「ディレクトリを開く」で、フレームが保存されているフォルダーを開くことができます。

注意

すぐにダウンロードしたいレンダリングジョブがある場合は、必ずrenderBeamerを実行し続けたままにしてください。ただし、特定の瞬間にフレームがダウンロードされない場合があります。これはアプリケーションがサーバー上のファイルを15分のサイクルでチェックしており、その間はフレームがダウンロードできない可能性があります。リスト更新をクリックすると、次のサイクルを待たずに強制的にチェックを行えます。

7.クレジット購入

すべてのお試しクレジットを使い切った場合、サービスを続けて使用するにはアカウントにクレジットを追加する必要があります。残高が0ドルを下回ると、レンダリングされたフレームをダウンロードしたり、新しいレンダリングジョブを開始することができなくなります。ウェブマネージャーの「お支払」パネルでお支払いいただけます。デビットカード、クレジットカード、PayPal、DotPayでのお支払いが可能です。

レンダリングを頻繁に行う場合、または定期的にレンダリングする予定がある場合は、ボリュームディスカウントをご確認ください。

Billing panel where you can buy credits
クレジットの購入、コストと支払い履歴の表示、割引の表示ができるお支払パネル

8.お問い合わせ

GarageFarm.NETのテクニカルサポートチームにいつでもご相談ください。私たちは初めてサービスをご利用される方はもちろん、あらゆるお客様のご質問にお答えし、サポートできるよう24時間年中無休で待機しています。ご遠慮なくお問い合わせください。
LINE公式アカウント@garagefarmjpでは日本語でお問い合わせいただけます。LINEケータイアプリから、こちらのQRコードをスキャンし、友だちとして追加してください。(対応時間:日本時間午後3時から深夜まで)

ガレージファームLINE

もしくはアカウントにログインして、Webダッシュボード、デスクトップアプリのライブチャットからもご連絡いただけます。(24時間年中無休)(※こちらは英語ですが、ご希望の場合は日本人スタッフにお繋ぎいたします)

ユーザー様からお寄せいただいた質問をまとめた「よくある質問」のページもご参照ください。

>ガレージファームのTOPへ

AfterEffects ガイド
Chat