HOME

Workflow & app guides

3ds Max V-Ray Jp
3ds Max V-Ray Jp
AfterEffects
AfterEffects
Blender
Blender
Cinema4D
Cinema4D
LightWave3D
LightWave3D
Maya Arnold JP
Maya Arnold JP
Maya Redshift JP
Maya Redshift JP
Maya V-Ray JP
Maya V-Ray JP
Modo Native
Modo Native
Modo V-Ray Jp
Modo V-Ray Jp
SketchUp
SketchUp
V-Ray
V-Ray
使い方ガイド
使い方ガイド

Articles

FAQ

https://app.garagefarm.netでWeb Manager(Webダッシュボード)にログインし、右上の三本線から"my account"を選択して言語を日本語に設定します。

Webダッシュボードの言語設定

ダッシュボードの上部にある[ダウンロード]パネルから、ご使用のオペレーティングシステムに合ったrenderBeamerアプリをダウンロードします。

Webマネージャーのダウンロードパネル

renderBeamerのインストールが完了したら、アプリを起動してダウンロードディレクトリを選択します。ここがメイン出力先になります。次に、受け取ったアカウントIDまたはアカウントのメールアドレスでログインします。プロジェクトをアップロードしたり、レンダリングされたフレームをダウンロードするときは、常にアプリをバックグラウンドで実行する必要があります。

renderBeamer起動ウィンドウ - 左:デフォルトのダウンロードディレクトリ、右:ログインパネル

renderBeamerにログイン後、歯車のアイコンを押し、”Language”から”Japanese”を選ぶことで日本語にすることができます。

RenderBeamerの言語設定

起動時に表示されるプラグインパネルでは、3Dアプリに追加するプラグインをインストールすることができます。

renderBeamerの3Dアプリプラグインのインストールパネル

このプラグインパネルでプラグインをインストールすると、ファームでの作業が可能になります。 プラグインをインストールしたら、次のステップに進みます。

Mayaでシーンを開き、レンダーファームでレンダリングする準備をします。

  • 対応しているMayaのバージョン – 2014以降。
  • シーンファイルは.maまたは.mb形式で保存します。
  • 出力 – ご使用のローカルマシンでレンダリングする場合と同じ方法で設定します。ほとんどのMaya出力形式に対応しています。アニメーションではなくフレームとしてレンダリングするため、.movなどのアニメーション出力形式には対応していませんのでご注意ください。
  • シーンをアップロードするには、正しいプロジェクトディレクトリ構造でシーンを準備し、シーンファイルをscenesという名前のフォルダに配置する必要があります。 Mayaでプロジェクトを適切に設定する方法については、こちらをご覧ください。https://knowledge.autodesk.com/support/maya/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2020/ENU/Maya-ManagingScenes/files/GUID-D5CA162A-0956-49C6-9FAC-2F73DCF03409-htm.html
  • レンダリング可能なカメラを選択し、デフォルトのカメラと同じ名前が付けられていないことを確認してください。(persp、sideShape、topShape、frontShape、perspShapeなど)
  • 「フレーム/アニメーション」モードを「name _#.ext」に設定し、レンダリングする必要のあるフレームの範囲に配置します。シングルフレームの場合、開始フレームと終了フレームに同じ値を入力してください。
  • プラグイン – 多くのMayaプラグインとアドオン(Yeti、Ornatrix、PhoenixFD、Golaem、その他多数)に対応していますが、追加のアドオンを使用している場合は、その情報をご連絡ください。 プラグインの可用性と購入オプションを確認します。
  • レンダー領域はオフにする必要がありますが、必要な場合はオンにすることができます。ライブチャットでお知らせください。こちらでレンダー領域の値を設定します。
  • シミュレーション(X-Genなど)–シーンでダイナミクス/パーティクル機能が使用されている場合は、それらのキャッシュファイルを作成し、シーン内で正しくリンクする必要があります。 X-Genのキャッシュを準備する方法はこちらのガイドの例をご覧ください。https://knowledge.autodesk.com/support/maya/learn-explore/caas/CloudHelp/cloudhelp/2020/ENU/Maya-CharEffEnvBuild/files/GUID-5CDC5D2C-6330-425B-98E9-E2A145CB42B6-htm.html

プラグインをインストールすると、Maya GUIに表示されます。プロジェクトをファームに送信するには、シェルフタブにあるrenderBeamerアイコンを探し、アイコンをクリックしてプラグインウィンドウを開きます。プラグインを起動する前に、レンダリングするシーンの正しいバージョンが開いていることを確認してください。

renderBeamer plugin from Maya interface
MayaインターフェースからrenderBeamerプラグインを実行

Arnoldレンダリングエンジンのプラグインレンダリングモード:

  • そのままレンダリング – プラグインが現在のレンダリング設定を自動的に読み取り、ここにミラーリングするだけなので、このモードに追加の設定は必要ありません。 オブジェクトアニメーション、マテリアルの変更、カメラまたはライトの動き、およびカメラの動きを含む完全にアニメーション化されたシーンの両方にこのモードを使用して、アニメーションをレンダリングします。
「そのままレンダリング」モードの設定
  • 静止画像(高解像度シングルフレーム)– 高解像度の静止画をレンダリングするために設計されています。 これは、弊社独自のカスタム分散レンダリングシステムで、ストリップイメージスイッチをオンにすると、シーンは1フレームだけレンダリングされます。 選択した設定に応じて、このモードではレンダリングとマージの2つのジョブが作成されます。 静止画モードでは、シーンが「ストリップ」(水平または垂直のレンダリング領域)でレンダリングされます。 ストリップレンダリングジョブが完了すると、マージジョブでストリップが本番の最終解像度のフレームに自動的にステッチされます。
「静止画」モードの設定

テストの重要性、およびレンダリングのコストと時間の見積り方法の詳細は、よくある質問をご覧ください。

プラグインモードを選択したら、セットアップウィンドウでワークフローを続行し、範囲と解像度の設定に進むことができます。

セッティング タブ

プラグインはMayaのレンダリング設定で設定された内容を自動的に検出しますが、選択したレンダリングモードに関係なく、シーンを送信する前に、プラグインでいつでも変更を加えることができます。

すべてのArnoldモードのメイン設定

解像度 – 入力した解像度が、レンダリングに必要な解像度になっているかご確認ください。

フレーム範囲–レンダリングする必要がある範囲を入力してください。

新しいプロジェクト名 – すでにプロジェクトをアップロードしていて、同じシーンを(同じプロジェクトから)送信する時、変更されたアセット(以前と同じ名前)を使用する場合は、このオプションを使用することをお勧めします。 この場合、すべてのアセットが再度アップロードされ、(新しい)変更されたアセットを使用していることをご確認いただけます。 これを行わない場合、プラグインが新しいアセットを検出せず、アップロードされない可能性があります。 このオプションを有効にする場合は、必ず別のプロジェクト名(デフォルト以外)を設定してください。

レンダーレイヤー–このウィンドウには、特定のシーンで作成されたレンダーレイヤーの現在の設定に関する情報が表示されます。

作成したレイヤーごとに2つの設定を確認できます。

  • レンダリング可能 –「True」パラメーターは、このレイヤーがレンダリング可能なレイヤーとして設定され、レンダリングされることを意味します。「False」として表示される場合、レイヤーはレンダリング不可能なレイヤーとして設定され、レンダリングされないことを意味します。
  • 拡張子 –このパラメーターは、特定のレイヤーに選択された拡張子を表示します(exr、png、jpgなど)。

アセット タブ

ここでは、プラグインによって検出されたすべてのアセットを確認できます。必要に応じて、特定のアセットを別のアセットに置き換えるか、削除することができます。

アセットトラッカーウィンドウの設定

不足しているものだけを表示 - このオプションにチェックマークを付けると、不足しているアセットのみがウィンドウに表示されます。

ディレクトリを表示 - このオプションを選択すると、すべてのアセットのグローバルパスの場所を選択できます。

見つからないものをすべて削除する - このオプションを選択すると、シーンから欠落しているすべてのアセットを削除できます(これらのアセットがシーンの正しいレンダリングに不要なことが確実な場合、続行してください)

参照 - このオプションを選択すると、このファイルの場所のみの指定を選択できます

削除 -「参照」オプションの代わりに、シーンで使用されていないアセットを削除できます。

プラグインがシーンのエクスポートを完了すると、プロジェクトはrenderBeamerにリダイレクトされてアップロードされます。 renderBeamerは、プラグインと連携して動作するスタンドアロンのアップロード/ダウンロードアプリケーションです。簡単に言うと、ファイル転送を処理します。

シーンが完全にアップロードされると、Webマネージャー(Webダッシュボード)へのリンクが記載されたウィンドウがアプリから表示されます。続行するには、「ここをクリックしてジョブを送信」をクリックしてください。何らかの理由でウィンドウを閉じてしまった場合や機能しなかった場合、Webダッシュボードのプロジェクトから、後でシーンファイルをクリックしてシーンを送信できます(詳細は次のステップで)。リンクをクリップボードにコピーして、手動でWebブラウザーに貼り付けることもできます。

renderBeamerのレンダーファームにジョブを追加する際のウィンドウ

プロジェクトがアップロードされたら、最後にレンダリングするジョブを作成してファームに送信します。 Web Managerですべてのプロジェクトとレンダリングジョブの管理ができます。

前のステップでrenderBeamerによって生成されたリンクを開くと、いくつかの項目と設定が記載されたジョブ送信ウィンドウが表示されます。 リンクを開かなかった場合、またはリンクが機能しなかった場合は、プロジェクトパネルでプロジェクトを見つけ、プロジェクトフォルダー内でシーンファイルを見つけ(フォルダー構造で「データ」というフォルダーを探します。例:Project_name / data / SceneName.mb)、クリックしてジョブウィンドウを開きます。

Adding a scene to rendering directly from Web Manager file browser
Web Managerファイルブラウザーから直接レンダリングにシーンを追加する

ジョブを送信するときに、高、中、低の3つの優先順位から選択できます(詳細については、料金ページお問い合わせページをご覧ください)。
各優先度の待機時間の長さも比較できるので、優先度を決定する際ご参照ください。

Additional settings for jobs prepared using Maya software
Mayaソフトウェアで準備されたジョブの追加設定

レイヤーリスト - このウィンドウには、シーンで作成されたレンダーレイヤーの設定が表示されます。 デフォルトでは、設定はシーンと同じです。 レンダリング可能なレイヤーにはチェックマークが付いており、レンダリングできないレイヤーにはチェックマークが付いていません。 これらの設定を確認して、レンダリングしたくないレイヤーをオフにすることができます。

各レイヤーを個別のジョブでレンダリングする - レンダリング可能な各レイヤーを個別のジョブとしてレンダリングする必要がある場合は、このオプションを選択してください。 その場合、各レイヤーは個別のジョブとしてキューに追加され、他のジョブとは独立してレンダリングされます。 デフォルトでは、このオプションは無効になっています。

レガシーレンダリングレイヤー - このオプションは、自動的に有効または無効に設定されます。 これはMayaのレンダリング設定によって異なり、 優先レンダリング設定システムのデフォルトモードとして「レンダリング設定」を使用する場合、このオプションはウェブマネージャーでは無効に設定されています。 ただし、「レガシーレンダリングレイヤー」を使用する場合、このオプションはWebマネージャーで有効に設定されます。

レンダリング設定を最終チェックし、優先度を選択したら、[送信]をクリックしてジョブをレンダリングキューに追加します。 初めてのユーザーの方は、25ドル相当のクレジットを取得してサービスをテストしてください。 クレジットでいくつかのテストジョブを実行し、サービスの使い心地をお試しいただけます。

Jobs added to render queue and options available under right mouse button
レンダリングキューに追加されたジョブとマウスの右クリックで設定できるオプション

ジョブのレンダリングが開始すると、現在処理されているフレームの進行状況をリアルタイムで確認できます。 メインプロジェクトリストからレンダリングジョブを選択し、右上の矢印をクリックして進行状況パネルを開きます。

Web Manager progress panel showing currently rendering frames
現在レンダリング中のフレームを表示するWebManagerの進行状況パネル

進行状況パネル(画面右側のパネル)には、いずれかのジョブが選択されている場合にのみ、その内容が表示されます。パネルは3つのセクションに分かれています

アクティブなフレーム - 現在レンダリング中のフレームを表示します。フレームが終了すると、2番目のセクション「完了したフレーム」に移動します。 「完了したフレーム」のリストで任意のフレームを選択すると、下部の「処理結果」セクションのレンダリング出力処理ログにアクセスできます。

Real-time render log from our nodes accessible in the “Active frames” section under RMB
「アクティブなフレーム」のセクションでアクセス可能なノード上で右クリックすると、リアルタイムレンダリングログが確認できます。

レンダリングが完了した各フレームは、renderBeamerアプリケーションで選択したディレクトリのローカルドライブに自動的にダウンロードされます。ダウンロードフォルダーの場所がわからない場合は、もう一度確認するか、renderBeamerの設定で変更できます(歯車アイコンをクリックします)。また、フレームが利用可能になり次第ダウンロードされるように、自動ダウンロードがオンになっていることを確認してください。このボックスがオフになっている場合、renderBeamerの「ダウンロード」タブで各ジョブをクリックし、フレームを手動でダウンロードします。

自動ダウンロードがオンになっているrenderBeamerのデフォルト設定

何をいつダウンロードするかをより詳細に設定したい場合は、フレームを手動でダウンロードすることもできます。それには、renderBeamer設定で自動ダウンロードのチェックボックスのチェックを外して「ダウンロード」タブに移動します。次に、チェックボックスを使用して該当のレンダリング出力を選択し、ダウンロードボタンをクリックします。

renderBeamerで選択したレンダリングジョブのフレームをダウンロードする

このワークフローは選択した1つ、または複数のすべてのレンダリングされたフレームをダウンロードします。 ただし、renderBeamerには、個々のフレームをダウンロードするオプションもあります。 これを行うには、右クリックからリストファイル機能を設定します。

renderBeamerで選択したレンダリングジョブのファイルリストオプション

選択したジョブのファイルがリストに表示されたら、ロールダウンのチェックリストからダウンロードするファイルを選択し、ダウンロードボタンをクリックします。

renderBeamerは、レンダリングジョブから選択されたフレームのみをダウンロードします

フレームがダウンロードされたら、右クリックから「ディレクトリを開く」で、フレームが保存されているフォルダーを開くことができます。

すべてのお試しクレジットを使い切った場合、サービスを続けて使用するにはアカウントにクレジットを追加する必要があります。残高が0ドルを下回ると、レンダリングされたフレームをダウンロードしたり、新しいレンダリングジョブを開始することができなくなります。ウェブマネージャーの「お支払」パネルでお支払いいただけます。デビットカード、クレジットカード、PayPal、DotPayでのお支払いが可能です。

レンダリングを頻繁に行う場合、または定期的にレンダリングする予定がある場合は、ボリュームディスカウントをご確認ください。

クレジットの購入、コストと支払い履歴の表示、割引の表示ができるお支払パネル

GarageFarm.NETのテクニカルサポートチームにいつでもご相談ください。私たちは初めてサービスをご利用される方はもちろん、あらゆるお客様のご質問にお答えし、サポートできるよう24時間年中無休で待機しています。ご遠慮なくご連絡ください。

LINE公式アカウント@garagefarmjpから日本語でお問い合わせいただけます。
LINEケータイアプリから、こちらのQRコードをスキャンし、友だちとして追加してください。(対応時間:日本時間午後3時から深夜まで)

もしくはアカウントにログインして、Webダッシュボード、デスクトップアプリのライブチャットからもご連絡いただけます。(24時間年中無休)(※こちらは英語ですが、ご希望の場合は日本人スタッフにお繋ぎいたします)

ユーザー様からお寄せいただいた質問をまとめた「よくある質問」のページもご参照ください。

>ガレージファームのTOPへ

Maya Arnold JP
Chat