Blenderの基礎と可能性について解説

Blenderの基礎について解説

もしあなたがアニメーション制作をしたいと思っていて、Blender の始め方について探していたなら、この記事はまさにぴったりです!

しかし、Blenderの基礎とアニメーション業界でどのように使えるかを詳しく見ていく前に、今の時代におけるアニメーションの重要性について、簡単に説明しておきましょう。

3Dコンピュータグラフィックスが支配していくもの

アニメーションはもはやエンターテインメント業界のみに限定されません。 現在、アニメーションはいたるところにあり、すべての業界、特に広告や教育でその影響が見られます。

企業はますます 3Dコンピュータグラフィックスを売り込みに利用し、最も影響力のあるマーケティングツールとして定着させています。 アニメーションには、他のマーケティングツールでは真似できない多くの特別な要素があります。

3Dアニメーションは視聴者の注意を即座にひくことができ、また、製品やサービスの使用方法などを適切に示すこともできるので、高い顧客エンゲージメントにつながります。 3Dモデルを作成してテクスチャを適用し、好きな3D環境に配置すれば、テクスチャは現実世界と同じように反応してリアルな表現を生みます。 そして3Dレンダリングにより、企業は多額の広告予算を気にすることなく、何千もの環境で製品やサービスをクリエイティブに宣伝できます。

今までのように写真を使用して宣伝を行う企業もあれば、この「新しい」マーケティング媒体を活用している企業もあります。 新しいマーケティングでは、従来の方法の枠を超えて写真のようにリアルなレンダリングを使用し、製品やサービスを紹介しています。

フォトリアルなレンダリングには、従来の写真よりも多くのメリットがあります。例えば製品が製造される前に、企業はすぐにマーケティングを始めることができます。これにより労力や時間を節約でき、また、クライアントに満足してもらえるまでデザインを微調整できるので、ビジネスに有利です。

3D Rendering of Furniture using Blender
Blenderで制作した家具の 3D レンダリング / by Joni Mercado

家具の 3D レンダリングを見てみると、家具は実際の写真と見分けがつかないぐらいです。 また、照明や自然の背景もユニークな魅力を放っています。

3Dアニメーションの需要の高まりにより、アニメーションソフトウェアの必要性もさらに高まっています。

アニメーターは、プロジェクトに合ったソフトウェアを見つけるのに苦労することがよくあります。たくさんの無料や有料のアニメーションソフトウェアがありますが、最近の3DCG業界ではオープンソースの3Dアニメーションソフトウェアである、Blenderが普及しています。

Blender


Blenderへようこそ!

大抵のアニメーションソフトウェアとは異なり、Blenderでは3D環境内で2Dのオブジェクトを用いることができます。直感的で強力なツールセットは、3DCG業界で広く称賛されています。たとえば、「フリースタイル」機能を使用すると、3Dオブジェクトを2Dに見せることができます。

最新のバージョンであるBlender 2.9 は、1 つを除いて前のバージョンとほとんど同じです。最新バージョンでは、バージョンが有効である限り、最新の機能、追加機能、およびホイッスルは自動アップグレードされ、サポートされます。 ただし、古いバージョンが不要になったわけではありません。

Blender 2.9 では最新の機能とエフェクトなどを使用して魅力的なコンテンツを作成でき、古いバージョンの Blender 2.83 では、新しいバージョンで開いたときにプロジェクトが破損するのを防ぎます。 どちらのバージョンも、それぞれ重要な役割を担っています。

この記事ではBlenderの基礎について、3D制作でのさまざまな側面を介して説明します。

では早速始めましょう!

Blender の基礎

3Dモデリング

基本的に3Dのシーンは、モデル、マテリアル、およびライトの3 つの主なコンポーネントで構成されます。

このセクションでは、モデルについて説明します。文字通り、3D モデリングとは、特殊なソフトウェアを使用してオブジェクトの表面を3次元で数学的に表現することを指します。3Dモデリングは、さまざまなモデリングモードを使用して行われます。

色んなBlenderのチュートリアルでは、それぞれが違う目的でさまざまなオブジェクトを作成しているので、複数のモデリングモードが表示されていても混乱しなくて大丈夫です。

Blenderには目的別にいくつかのモデリングモードがありますが、「編集モード」が主なモデリング専用です。 アニメーターは大抵、編集モードを使用して、メッシュ、カーブ、サーフェス、メタボール、テキストオブジェクトなどのさまざまなオブジェクトのモデルを作成します。

Mesh Modelling in Blender Model by Cyfus
図 2 CyfusによるBlenderでのメッシュモデリング

Blenderで最も一般的なモデリングのタイプは、メッシュモデリングです。 メッシュとは、3 次元オブジェクトを定義する頂点の集まりを指します。 必要なポリゴン数は多いですが、3Dメッシュモデリングは高品質のアニメーションに必要な滑らかな曲線を生成するため、他の手法よりも優れています。

テクスチャリングとシェーディング

3D モデルを作成するだけでは不十分です。

モデリングが3Dアニメーション制作で最も難しい部分だと思っているなら、それは間違いです。ここからその意味を説明していきましょう。

Texturing and shading 
Texturing and shading 2


Figure 3 model, model + textures and shader, rendered model + fur
図 3 モデル、モデル + テクスチャとシェーダー、レンダリングされたモデル + 毛皮

テクスチャリングとシェーディングには、3Dモデルの色情報、表面の詳細、および視覚的特性の制御が含まれ、キャラクターの現実味と魅力を表現するのに重要な役割を果たします。 もしあなたが初心者で、 Blenderでどうやってテクスチャリングとシェーディングをするのか想像ができなくても、大丈夫です。ここから、Blenderでどのようにそれらを行うかについて簡単に説明していきます。

マテリアルは、3Dモデルの光学特性 (色や、くすんでいるか光沢があるかなど) に作用します。 また、キャラクターと周囲の光との相互作用も定義します。blenderのチュートリアルなどをオンラインで検索して、Principled BSDF、Principled Hair、および Principled Volume シェーダーなどを使用してさまざまなマテリアルを作成する方法や、3D キャラクター、オブジェクトの追加方法などを気長に学んでみるのもいいでしょう。

マテリアルは 3Dモデルの色と光を決定し、テクスチャはマテリアルの均一な外観にディティールを追加します。上のイメージのキツネをどのようにテクスチャリングし、シェーディングしたかの詳細は、チュートリアル動画からご覧いただけます。

覚えておくこと

マテリアルのない3Dモデルにテクスチャを適用することはできません。 簡単に言えば、マテリアルのないオブジェクトにテクスチャを適用することはできません。

Blenderのスムーズな「テクスチャスペース」機能により、キャラクターの外観を色々と模索することができます。テクスチャスペースの視覚化は、ビューポートディスプレイで有効にできます。

テクスチャについて、Blenderのもう一つのすごい機能、 テクスチャペイントモードについても紹介しておきましょう。スマート機能により、イメージ エディターまたは3D ビューポート内でさまざまなUV テクスチャやイメージを簡単に操作できます。 より詳しい内容は、「texture painting nodes」という6 分のBlenderチュートリアル動画をご覧ください。

Blenderでの3Dコンピュータグラフィックス

3Dアニメーションとも呼ばれる 3Dコンピュータグラフィックスは、アニメーションのファンの間では最新のトレンドです。モデリング、リギング、アニメーション、シミュレーション、レンダリング、合成など、3DアニメーションのどんなプロセスもBlenderにはあります。 そのおかげで必要なすべての3Dプロセスを簡単に実行でき、スムーズに3D アニメーションを作成できます。

キーフレームは、アニメーション制作のプロセスにおいて非常に重要で、アクションの始点・終点の情報で構成されています。 キーフレームは最初に、その時点のフレームにどんなアクションがあるかを示し、 次に、そのアクションが発生した時間を示すという2 つの重要なポイントを明確にします。

Blenderで3Dアニメーションを作ることにそこまでストレスを感じる必要はありません。

なぜなら、Blenderの強力なアルゴリズムは、Linear、Bezier、Quadratic などの選択された補間方法に応じて、すべてのフレームの 3D モデルの正確な位置を自動的に決定してくれるからです。

キーフレームの追加が完了したら、次の重要なステップはリギングです。 リギングにより、オブジェクトをコントロールできます。 簡単に言えば、リギングはキャラクターに骨組みを追加するようなイメージです。Blenderには、アーマチュア、コンストレイント、オブジェクトモディファイア、シェイプキー、ドライバーなど、リギング用のさまざまなツールが含まれています。 これらのツールを使用して、3Dモデルをより細かくコントロールできるため、ゲームや映画で魅力的な動きやポーズを作成できます。

Blenderで3Dモデルのライティングをする方法

Lighting, before and after, in Blender
図 4 Blenderでのライティングのビフォーアフター |Dan O'Brien

適切にライティングをすることで、作品に命を吹き込むことができます。

3D アニメーションのライティングは、写真や映画制作の照明とよく似ています。 実写では、照明アーティストがさまざまな状況でさまざまな光源を使用します。特別な部分に注目を集めるようにしたり、シーン全体のムードを設定したり、シーンの自然な特性を表現したりします。 ライティングの詳細については、Joni Mercado の記事「ライト: 露出の芸術」をご覧ください。

同様にアニメーションの世界でも、アニメーターはライティングに注意して作成します。ライティングは、ストーリーやシーンの雰囲気に大きく影響し、また、場所、時間、さらには天候などを表現することができます。これらは、アニメーションのプロセスでは些細なことのように見えるかもしれませんが、実際にはシーンのレベルを一気に引き上げ、視聴者を感動させることができるのです。

Blender にはポイント、スポット、エリア、ライト、サンランプの 5 つのランプタイプがあり、各ランプにはそれぞれの長所と制限があります。 これらのランプの詳細は、こちらの5分のblender チュートリアル動画をご覧ください。 アニメーション業界の大抵のディレクターは、ハイダイナミックレンジイメージを使用しています。ハイダイナミックレンジイメージには、露出の異なる同じシーンの複数の写真が含まれており、最高の照明を引き出すことができます。Blenderではこれらのランプを使用して、同様の、むしろさらに良い効果を引き出すことができます。

Blenderでのカメラの使用

3Dシーンでカメラを使用するのは困難です。 実際の映画とは異なり、カメラを物理的に持っておくことはできません。

カメラアニメーションには技術が必要であり、実写のシーン撮影のように良いシーンを撮ることは、特にレベルの高いものを作りたいアニメーターにとっては大きな難関になるかもしれません。 しかし、心配しないでください。

Blenderで解決

Blenderには、実際のカメラを完全に模倣したさまざまなカメラレンズがあり、さまざまな角度からシーンを見せることができます。 これらのカメラレンズには、遠近法、正投影、およびパノラマが含まれます。 遠近法レンズには、ズームの量を決定する焦点距離機能が付属しており、正投影には画像に投影されたオブジェクトの外観のサイズをコントロールする正投影スケールが付属しています。

Blenderには、被写界深度や絞りなどの機能もあり、実写のシーンと同じくらい良いシーンを作成します。Blenderを使用してレンダリングに被写界深度と絞りを追加する方法について詳しいく知りたい方は、Blenderガイドを読んでいただくか、YouTubeのBlenderチュートリアル動画をご覧ください。

Blenderでのレンダリング

レンダリングは、3Dコンピュータグラフィックスの制作では重要な工程です。この工程では、3Dアニメーション制作のワークフローで行われたことが全てまとめられ、それらは一連の2D静止画像に変換されます。

Blender にはEevee、Cycles、Workbenchという3 つのblenderレンダリングエンジンが組み込まれていて、各エンジンにはそれぞれの長所と制限があります。 Eeveeは物理ベースのリアルタイムレンダラーで、cyclesは物理ベースのパストレーサーです。 Workbench は、レイアウト、モデリング、およびプレビュー用に設計されています。 これら3つのエンジンとは別に、Blenderではサードパーティのレンダリングエンジンも使用できます。

まとめ

Blenderは、様々な専門家やアニメーションファンの間で新しい人気のソフトになりました。3Dコンピュータグラフィックスソフトウェアは、現在、その直感的で強力なツールセットにより広く称賛されています。これらのツールは、アニメーション業界で素晴らしい作品を生み出すのに役立ってきました。また、コンピューティング能力が限られているユーザーでも、blenderレンダーファームを使用すれば、レンダリングのために強力なマシンを簡単に使え、blenderのレンダリングを高速化できます。加えて、ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、たくさんのアーティストたちがキャリアをスタートさせる際に役立ってきました。

ここまでBlenderについて簡単に説明してきましたが、Blednerがアニメーション業界の中で特に強力な存在感を出しているのも不思議ではありませんね。

Blenderの基礎に関するこの記事が、少しでもお役にたてたなら嬉しいです。質問やコメントなどもお待ちしています。

ガレージファーム

関連記事

Chat