Blenderでショートアニメーションを作るための5つのヒント

Blenderでショートアニメーションを作るための5つのヒント

アニメーションコンテンツを作成することは常に大変なものです。 1分間の短編制作でさえ、思いもおらぬ落とし穴や、不確実なことがたくさんあり、チベットの僧侶並みの心の強さ(もしくはコーヒー中毒になることを厭わない決意)が必要です。 しかし、Blenderや一般的なDCCで短編動画やショートストーリーなどを完成させることができたら、それまでのストレスがすべて価値あるものになりますよね。また、3Dアニメーションのプログラムはリリースごとにますます使いやすくなっていて、それまでに作ったことがあるかどうかに関係なく使うことができるので、現代は3Dでアニメーションを作成するのに良い時代と言えるでしょう。 時間がかかり、汗と涙を流すかもしれませんし、さらに白髪が現れるかもしれませんが、それでもやる価値はあります。そしてこの記事ので紹介する5つのヒントを念頭に置けば、おそらくそれほど怖いものではなくなるでしょう。

これらのBlenderのヒントは、私達のYoutubeチャンネル、GarageFarm academyのBlenderチュートリアルから抜粋したものです。動画でご覧になりたい場合は、ぜひチェックしてください。

では、Blenderでアニメーションを作成する際にストレスにならない5つのヒントを紹介していきましょう。

1. カメラバインディング

各ショットを個別にレンダリングしてから、シーケンス全体のプレビューを取得するためだけにビデオエディターに送る代わりに、タイムラインの好きなポイントでカメラを切り替えるようにBlenderに指示できます。 これを行うには、カメラを選択してアクティブにし、タイムラインでCtrl Bを押します。これは、必要な数のショットに対して実行でき、カメラがバインドされたフレームに到達すると、Blenderはバインドされたカメラをアクティブにします。

カメラバインディング355
ここでは、タイムライン再生ヘッドを目的のフレームに配置してctrl + bを押すだけで、各カメラをフレーム355、418、514でそれぞれアクティブになるように設定しました。 マーカーラインの下にあるカメラアイコンで機能したことを確認できます。
カメラバインディング460
カメラバインディング540
プレイヘッドがタイムラインを横切って移動し、プレイヘッドヘッドがマーカーを横切るとすぐにカメラが互いにカットします。

後でタイムライン内でマーカーを移動することもできます。これにより、ビューポートでショットの継続時間を直接延長または短縮できます。

2. Blenderシーンを使用する

アセットのスケーリングを確認する必要がある場合、または、移動するカメラでワイドショットまたはワンショットシーケンスを設定しているけれど、セット内のすべての要素が含まれていないショットの場合は、セット全体を1つのファイルにレイアウトすることをお勧めします。 表示されている要素を取得して新しいBlenderシーンに配置するだけで、レンダリング時間を節約できます。 このように、必要なものだけをレンダリングし、ショットでどちらにしろ失われることのないメッシュやテクスチャに対してメモリが消費されることはありません。

Blenderシーンの使用-コピー
シーンのフィールドの横にあるこのアイコンを押すと、空白の新しいシーンを作成したり、現在のシーンの設定(レンダリングとワールド)を新しいシーンにコピーしたり、既存のシーンのコレクションのみを次のシーンにリンクしたり、既存のシーン全体を複製したりできます。
Blenderシーンの使用-スイッチ
このアイコンを使用すると、シーンを切り替えることができます。

3. タイムリマッピング

シーンに多数のアニメーション要素があり、キーフレームを個別にスケーリングして速度を上げたり下げたりしたくない場合は、レンダリング設定のタイムリマッピングオプションを使用します。 「新規」フィールドのフレーム数を増やすと、アニメーションの速度が低下し、その逆も同様です。

タイムリマッピング150
右側は、タイムリマッピングのデフォルト値です。 もともとこのクリーチャーはフレーム150までに脚を持ち上げているのでご注意ください。
タイムリマッピング229
新しい値を150に設定すると、クリーチャーはフレーム229で脚を持ち上げます。
タイムリマッピング75
値を50に設定すると、クリーチャーはフレーム75までに脚を持ち上げます。

4. すべてをパージする

各ショットをリファインすると、シーンに不要なマテリアル、マップ、またはその他のデータがいくつか含まれる可能性があります。 [すべてをパージ]を選択して、孤立したデータを取り除き、シーンを最適化してください。

すべてパージ

5. コミュニティにヘルプを求める

時間が短い場合は、すべてを自分でモデル化する必要はありません。 BlendSwap、Sketchfab、およびその他のアセットライブラリに、必要なものが揃っているかもしれません。 多くのコミュニティのメンバーは無料で作品を共有してくれているので、使用する場合は彼らの名前を記載して、作品を高く評価していることを示してあげてください。

コミュニティに助けてもらう

ボーナス - レンダーファームを使用する!

レンダーファームは、締め切りに間に合うようにレンダリングを完了するために不可欠ですが、個人的なプロジェクトを試しにレンダリングしてみたい場合は、私達のレンダーファームをチェックしてみてください。

アップロードは簡単で、登録すると無料でトライアルレンダリングクレジットがもらえます!

ともあれ、この記事がお役に立てば幸いです。休暇中などにBlenderをいじり回して、自分だけの素敵な作品を作れるようになることを願っています。その他の素早くできるBlenderレンダリングのガイドとヒントについては、YoutubeのGarageFarm Academy、または私たちのブログをチェックしてください!

関連記事

Chat