色で視覚的にストーリー性を表現する方法

色で視覚的にストーリー性を表現する方法

以前に、構図照明について説明しましたが、芸術を完成させるため色彩は重要な要素です。

色を使って、雰囲気、調子、テーマを設定し、表現することができます。 色は光とカリスマ的な兄弟であり、この二つは相互作用します。 心理的な観点からも、色を使用してシーンを盛り上げたり、落ち着かせたりすることもできます。

では早速見ていきましょう。

色相環の歴史

color wheel


色相環は、色を組み合わせるための基本的なツールです。 歴史上最初の色相環について語るには18 世紀にさかのぼり、プリズムの実験を行ったアイザック ニュートンについてまず知る必要があります。

彼は Opticks という本を書き、そこで光がさまざまな色でできていることを証明する内容を発表しました。

純粋な光は無色であると考えられていたため、当時は物議を醸しましたが、彼の実験は色彩理論の重要な足がかりとなりました。

彼の実験は、赤、黄、青がすべての色の原色であるという理論につながりました。 これは完全に正しいわけではありませんが、1800 年代初頭に開発された色相環や、現在の減法混色に使用されている色相環に依然として影響を与えています。

それに、紫、オレンジ、緑の二次色 (原色を混ぜ合わせてできる色) を加えると、色相環が形成されていきます。そして黄色いオレンジ、赤いオレンジ、赤紫、青紫、青緑、黄緑と、三次色が入ることで色相環は完成します。

それにもかかわらず、コンピューターやテレビでは暗い画面から始まり、さまざまな色の光を混ぜ合わせて白にする加法混色が一般的です。

しかし、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテが色彩理論を提唱し、ミシェル・ユージン・シュヴルールが「色彩の同時対比の法則」を提唱して色彩理論を確立し、「色彩心理学」という用語が造られました。 これは、現代の業界における知識の礎になっており、色相環を使用してその心理への影響を利用し、デザインとアイデンティティを確立することに使用されています。

色相環を考える

色に関係する心理学について深く掘り下げる前に、このテーマについて理解しておいていただきたい概念がいくつかあります。 通常、これらの概念は間違った方法で使用されるため、実際の例を使用して分析してみましょう。

有色光を混合する場合 (加法混色)、スペクトル的にバランスの取れた赤、緑、青 (RGB) の無彩色の混合物は、グレーや黒ではなく、常に白です。

色合い、濃淡、明暗

Tints, shades, and tones
色合い、濃淡、明暗


Shade: Subtracting white to a pure hue
濃淡: 白を差し引いて純粋な色相にします。


Tones: adding gray to a pure hue
明暗: 純粋な色合いにグレーを追加します。

色の調和

色相環内には、相互の関係に基づいてさまざまな色の組み合わせがあります。 音楽と同じように、ハーモニーを色で表すことができます。 各色が色相環にどのように配置されるかを理解すれば、それらを理解し、再現するのは非常に簡単です。

これらの配色がどのように作用するかについて、以下に最も一般的で実用的な組み合わせの例を紹介します。

補色配色

色相環上で反対側にある 2 つの色は、補色と見なされます。

この配色は、フレーム内にコントラストを作り出します。このようなコントラストは、奥行きにアクセントを与えたり、主役を引き立たせるために使用できます。

この配色は建築ビジュアライゼーションで多用されているのを見たことがあると思います。青とオレンジが互いに対になっており、オレンジと青緑が建築の外観のビジュアライゼーションで最も使用される配色の 1 つだからです。

オレンジと青緑は反対と見なすことができ、この配色において、どの色にも濃淡と陰影を付けることができるからです。

Complementary color scheme

類似の配色

私は個人的にこの配色がとても好きです。 類似配色では、色相環上で互いに隣接する色を使用します。 この配色は、草原の中や実りがない木など、自然の中で衰退を繰り返す様々な場所で見ることができます。

3Dソフトウェアを使用する際、色のバランスを微調整して表面にランダム性とバリエーションを加えたいときに、無意識のうちに使用していることがあります。

一般的に、類似の配色を作成する場合、1 つの色をメインとして選択し、2 番目の色をサポートとし、3 番目の色を (黒、白、グレーの色調と共に) アクセントにします。

Analogous color scheme

トライアド配色

トライアド配色は「3つ組」という意味で、色相環の補色の周りに均等に配置された 3 つの色を組み合わせて使用します。この配色は、超近代的なインテリアデザインにおいて、家具の布地、アートワーク、壁紙などでこのコントラストをつけるために使用されることがあります。

Triadic color scheme

分割補色の配色

この配色は補色を和らげる傾向があり、補色と類似した組み合わせです。 基本的には補色を選択し、色相環の両側の色もデザインに使用します。 視聴者の目には大胆すぎる、または厳しすぎる補色スキームの場合に、その影響を和らげると考えられています。

Split-Complementary color scheme

長方形 (テトラディック) 配色

テトラディック配色は、2 組の補色ペア (4 色) を使用します。 これらは非常にユニークな視覚体験を生み出すことができますが、バランスをとるのが難しいです。これは、テトラディック配色のメインの色が他の色を打ち負かすことなく、かつメインとしてリードする必要があるためです。 各色を同じ量だけ使用すると、非常にぎこちない外観になることがよくあります。

Rectangle (tetradic) color scheme

スクエア配色

スクエア配色は、テトラディック配色の変異です。 2 つの補色ペアを選択する代わりに、色相環に正方形を配置し、その角にある色を選択します。 したがって、互いに 90° の間隔で均等に配置された 4 つの色が見つかります。 テトラディック配色とは異なり、この配色方法は多くの場合、デザイン全体ですべての色が均等に使用されている場合に最も効果的です。

Square color scheme


繰り返しになりますが、これらはすべてガイドラインで構成されており、非常に主観的です。 ですがこれは色彩理論の歴史として、知っておくと良いでしょう。

色の生理的側面

ではここから主観的な世界へとさらに踏み込んでいきます。

色の生理的側面という考えの基礎は、色が私たちに与える暖かさや寒さなどの印象の考え方につなげることができます。

The physiological side of colors


暖色は、黄色、オレンジ、赤を含む色相環の半分を占める色です。 これらの色は、情熱、力、幸福、エネルギーなどの感情を反映すると言われています。

寒色は、緑、青、紫など、色相環で暖色の反対側に位置する色です。 寒色は、冷静さ、瞑想、落ち着いた印象を反映すると言われています。

ニュートラルカラー – これらの色は特定の感情は特に反映していないとされていて、グレー、ブラウン、ホワイト、ブラックが含まれます。

ではこれをレンダリングとビジュアライゼーションに適用すると、どのように見えるでしょうか?

結果的に、非常に興味深いものになります。

補色のコンセプトについて考えてみてください。たとえば、冷徹な雰囲気の冷たい青い建築物と、それに反して暖かいオレンジの柔らかな光のような組み合わせは、色相環では反対に位置する2色です。

コンクリートの壁の冷たくて無機質な外観に対して、温かく魅力的な色を同じ景色内に配置することが、いかに見る側の感情に作用し、配色のコントラストを強調しているかに注目してみてください。

建築ビジュアライゼーションにおいて、この組み合わせを使用した例を数多く見つけることができるでしょう。

brutalist piece of architecture

ではもし、物悲しく寂しげでノスタルジックな雰囲気を作りたい場合はどうすればよいでしょうか?音楽でマイナーコードを演奏するときと同様に、色相環で互いに近い色を選び、類似の配色でその雰囲気を作り出すことができます。

tinting some colors near each other


上記の配色のいずれかで試すことができます。

深く考えず、まずはガイドに従って好きな組み合わせを考えてみれば、すぐに楽しくなってくると思います。

combinations that are really pleasant


ガイドラインはルールではありません。 アートには不変のルールはありませんが、ルールから外れても誰もあなたを罰しません。

以上の基礎知識を念頭に置き、興味があればWebからさらなる詳細をご覧いただけます。 色彩理論はアーティストにとって最も関連性の高いトピックの 1 つであり、建築レンダリングにおける色彩理論でも同じ原則を反映しています。 今回の記事では、歴史に基づいた理論の考え方をご紹介したにすぎません。

デジタル アートに基づいた色彩についてさらに理解を深めたい方は、Troy Sobotka による The Hitchhiker's Guide to Digital Color をご覧いただくことをお勧めします。

心理物理学的な観点から色を理解することと、 各RGB ライトの発光によってディスプレイが色を表示する理論とでは、大きく違います。

これについては別の記事で説明しています。

クレジット:

Joni Mercado は 3D アーティストであり、2007 年から Blenderを使用しています。建築ビジュアライゼーション、バーチャル リアリティ ツアー、拡張現実、ゲーム プロップ アーティストなど、デジタル アートの様々な分野でフリーランサーとして幅広く活躍しています。


関連記事

Chat