自動モーションキャプチャの仕方

DeepmotionとBlenderによる自動モーションキャプチャを解説

ここ1年に、モーションキャプチャの技術において、注目すべき開発がいくつか出現しました。特にモーションライブラリとモーションキャプチャソフトウェアです。 これは、大きなスタジオ以外で働くアーティストや、モーションキャプチャに必要なハードウェアのセットアップがないCGアーティストにとっては、素晴らしいニュースです。 このチュートリアルでは、専属コンテンツクリエーターであり3DアーティストであるDJが、ほぼ誰でもアクセスできる、有望なモーションデータキャプチャシステムのDeepmotionを紹介します。ビデオからキャラクターの3Dアニメーションを生成する方法と、Blenderのモーションキャプチャからのデータを使用する方法を是非学んでください!

ディープモーションについて

ディープモーションのトップ

Deepmotionは、モーションデータを使用したアニメーションに関連するさまざまなサービスを提供する企業ですが、このチュートリアルでは、この企業が下記で説明しているようにAnimate3dに焦点を当てます。

「Animate3Dを使用すると、2Dビデオを3Dアニメーションに変換して、ゲーム、拡張/仮想現実、およびその他のアプリケーションで使用できます。 独自の知覚運動脳のテクノロジーを活用し、AIを活用したプラットフォームがアニメーションに強固な基盤を提供することで、アニメーションパイプラインの自動化をサポートします。

簡単にナビゲートできるWebインターフェイスを使用して、ボタンを押すだけでアニメーションを作成します。 .MP4 .MOVまたは.AVIファイルをアップロードするだけで、高い忠実度の.FBX、.GLB、.MP4、または.BVHアニメーションを生成できます。 スーツや特別な装備は必要なく、ただ想像力を開放するだけです!」

わくわくしますね! 何ができるかわかったところで、早速使用する方法を見てみましょう。

Deepmotionチュートリアル

1.無料アカウントを作成する

ディープモーションでアカウント登録

https://deepmotion.com/animate-3から登録して始めることができます。 プロセスは簡単で、操作するダッシュボードもシンプルです。

2.必要なモーションでビデオを録画します

始める前に、最良の結果にするためのポイントを下に記載します:

  • カメラを安定させ、被写体と平行に保ちます
  • 被写体がカメラから2〜6メートル離れており、頭からつま先まで見えるようにしてください。
  • 被写体と背景のコントラストをはっきりさせて、照明をニュートラルに保つか、できるだけ均一に照らします(DJが緑色の画面を使用しているのはこのためです)。
  • 最大ビデオサイズは50MBで、長さは60秒です。
  • ショット内にオブジェクトや小道具が入るのを避け、被写体が常に完全に見えるようにします(たとえば、車や木の後ろを歩いてはいけません)。
  • 衣服はできるだけタイトなものを着て、主要な関節を覆わないようにします(たとえば、スカーフ、タッセル、ひじやひざのパッドは着用しないでください)。

3.ビデオをアップロードします

DeepMotionポータルで、[Animate3dCloud]をクリックします。 デフォルトの文字セットまたは指定したカスタム文字を使用するオプションを選ぶことができます。 今回DJは「デフォルト」を選択しています。

ディープモーションでビデオをアップする

次に、ビデオを選択してアップロードし、ビデオの準備についてのガイドラインを確認するように求められます。

ディープモーションでビデオをアップする

4.出力フォーマットを選択します

ディープモーションで出力フォーマットを選択

出力タイプにはいくつかの選択肢があり、これはプロジェクトに必要なものによって異なりますが、今回はデフォルト設定を使用します。

5.結果をダウンロードします

ディープモーションの結果をダウンロード

最終的に出来たものが良いと思ったら、プレビューの下にある[アニメーションのダウンロード]をクリックし、表示されたポップアップから、ビデオの題材に適したプリセットモデルを選択し、リグを使用する形式を選択します。

ディープモーションの結果をダウンロード

Blenderでのモーションキャプチャ

6.リグをキャラクターに転送します

Blender Cloudや他からのキャラクターを使用する場合でも、または独自のキャラクターを使用する場合でも、ゼロ基点(デフォルトの立方体が最初に出現するところ)にキャラクタとシーンを配置して準備し、基点がキャラクターの足元にあることを確認します。

キャラクターにリグをつける

Deepmotionからリグをインポートし、キャラクターに合わせます(位置とスケール)。

アーマチュアを「ポーズ位置」から「レスト位置」に切り替えます

キャラクターにリグをつける

アーマチュアを選択した状態で、編集モードに移動し、ジョイントをキャラクターに合わせます。

キャラクターにリグをつける
ヒント:作業を簡単にするために、一般オプションパネルでx軸ミラーを有効にします

7.リグをキャラクターにバインドします

アーマチュアが整列したら、オブジェクトモードでメッシュを選択し、次にリグを選択し、Ctrl+Pを押してペアレントを設定します。 自動ウェイトを選択します。

8.アニメキャラクターに光を当ててステージングしましょう!

キャラクターにリグをつける

というわけで、以上です! Deepmotionは、Blenderのアニメーションにさらに個性的なタッチを追加できる方法であり、Mixamoの代用となり、さらにシンプルな動きを実現することを目指しています。 是非試して素敵なアニメーションを作ってみてください!

>ガレージファームのTOPへ

関連記事

Chat