NFTとは?その歴史と仕組みを徹底解説

NFTとは?その歴史と仕組みを徹底解説

NFTって何?3Dとどう関係があるの?

あなたはおそらく、2021年3月に世界で最も権威のある美術オークションの1つ、クリスティーズでJPGの画像が6,900 万米ドルで落札されたことについて聞いたことがあるので、この記事を読んでいるのかもしれません。 もしくは、最近 (N、F、T) の 3 つの文字を頻繁に耳にするようになったからかもしれません。ここに至った経緯は何にせよ、NFTに関してあなたが知りたいただ一つにことはこれではないでしょうか。

それは、わかりやすい説明。

NFTとはつまり一体何なのか? この記事では、様々な視点からそれを説明していきますが、それを理解して活用できるかはあなた次第です。では見ていきましょう。

NFT はnon-fungible token(非代替トークン)の略です。 正式名称を見ても、ほとんど理解できません。 この用語を、非代替性とトークンの 2 つの部分に分解してみましょう。 まず、非代替性についてです。

非代替性

非代替とは、単に何とも交換できないことを意味します。 何かが代替不可能である場合、それはそれが唯一のものであり、何にも置き換えられないことを意味します。

たとえば、あなたが1万円札を持っていて、私も1万円札を持っているとします。 あなたの1万円札が床に落ちて、私がそれを拾い上げて、代わりに私の1万円札をあなたに手渡したとしても、別に問題ありませんよね? あなたの1万円札は私の1万円札と同じ価値があり、それらは交換可能です。 この例では、その価値が1万円である限り、どのお札を保持しているかは問題ではありません。 現金は代替可能です。

しかし、例えばあなたは1年前に始めて仕事に就き、その1か月後に初めての給料を受け取ったとしましょう。 そして人生初の給料の思い出として、そこから一万円札を1枚とっておいたとします。 あなたはこの一万円札を使うつもりはなく、初めての仕事の記念としてずっと財布に入れておくつもりでした。 さて、この 一万円札が床に落ちて私がそれを拾い、私の持っていた一万円札と交換しようとしても、あなたの1万円札には実際の価値以上に感情的価値が付加されているため、あなたは承諾しないと思います。 この例では、この一万円札は他の一万円札に置き換えることができない非代替なのです。

トークン、ブロックチェーン、ビットコイン

トークンの部分を理解するには、ブロックチェーンを理解する必要があります。 残念ながら、これを理解するのに簡単な方法はありません。NFT の T を理解するには、ブロックチェーンと呼ばれる NFT の背後にあるテクノロジーを理解する必要があります。

ブロックチェーンは2009年にサトシ・ナカモトという人物が、銀行のような中央集権的な機関に頼らなくてもいい新しいデジタル通貨を作成したい、と考え最初に作成されました。 彼は、この新しいデジタル通貨をビットコインと呼びました。

NFTとは?その歴史と仕組みを徹底解説
画像ソース Wikimedia Commons

ブロックチェーンがどのようなものなのかを理解するために、まずは従来の通貨がどのように機能しているのかを見てみましょう。たとえば、私がヘッドホンを販売していて、あなたは一つ100ドルで購入しようとしています。 クレジットカードを私の店のPOSユニットに通します。 ユニットは、口座からあなたが100ドルを使おうとしていることを銀行に知らせます。 銀行はあなたの口座の記録をチェックし、十分な資金があるかどうかを確認します。 あなたの口座に十分な残高があることを確認すると銀行は取引を承認し、あなたの口座から100 ドルを取り出し、私の銀行に送金します。 その後、銀行が私の口座を確認し、100 ドルを追加して取引が成功したことを知らせてくれます。

この例では、銀行の取引履歴の正確な記録能力と、私たちに代わって相互に調整する能力にのみ頼っていることがわかります。

ビットコインは、銀行やその他の仲介業者の介入を取り除きたいと考えていました。 それには、取引の記録を保持しつつ、銀行のような中央データベースを介さずに正確に検証する新しい方法を見つける必要がありました。 ビットコインが発見した解決策の一つに、記録管理の「分散化」というものがあります。つまりネットワーク上のすべてのメンバー (ブロックチェーンは基本的にコンピューターのネットワークのことです) は、自分の取引と他のすべての取引の記録を保持しているのです。

前の例に戻りましょう。私はヘッドフォンを販売しており、あなたは 1 ビットコインで一つ購入したいと考えています。今回は、私のデジタル ウォレットに 1 ビットコインを送るだけです。 支払うのに十分なビットコインがあるかどうかを銀行に確認する代わりに、コンピューターが共有の記録を確認します。十分なビットコインがあることを確認すると、取引が完了します。私の側では、私のコンピューターが私の記録を更新し (私はあなたから 1 ビットコインを受け取りったという記録)、その情報を他の全員の記録にも送信します。

取引を記録するこの共有方法は、ネットワーク内のすべての人からの新しい取引情報がデータのブロックとして入ってくるため、ブロックチェーンと名付けられました。 これらの新しいブロックは、非常に複雑な数学によって既存のブロックに追加または連鎖されるのでブロックチェーンと呼ばれるのです。

さて、7 段落に渡って説明してきましたが、まだ NFT のT部分に到達していません。もうだいぶ近づいているのでもうちょっと待ってください。

複雑な数学を使用して取引の有効性を検証する方法に合わせて、ブロックチェーンの分散型の性質により、集中型システムよりもはるかに安全で、外部からのハッキングが困難なシステムになっています。 ビットコインのブロックチェーンは、このセキュリティを使用して、ネットワーク内の金融取引の記録を保護しています。

しかしその他のブロックチェーンは、金融取引だけでなく他の情報も保存できるように進化しました。 イーサリアムと呼ばれるブロックチェーンはこれを目標としていました。イーサリアムはイーサと呼ばれる独自のデジタル通貨も持っていますが、イーサリアムの作成者であるヴィタリック・ブテリンの目標は、彼のブロックチェーンが、他のアプリケーションを構築できる一種のプラットフォーム技術になることでした。イーサリアムは、アプリを構築するためのプラットフォームである iOS または Android と考えてください。 イーサリアムまたはその他のブロックチェーン上に構築されたアプリは、dapps と呼ばれ、分散型アプリの略です。 例として、Axie Infinity (NFT ベースのオンライン ロールプレイング ゲーム) や Uniswap (分散型暗号通貨交換) があります。

イーサリアムの設計により、本質的に金融ではない情報、つまり誰が何をいつどこで作成したか、何個作成されたか、誰が所有しているか、誰にいくらで売られたかなどの情報をブロックチェーンのエントリで暗号化することができました。 ブロックチェーンにエントリが作成されると、それは永久にそこにあり、誰もそれが運ぶ情報に不正な変更を加えることはできません. エントリは複製不可、偽造不可、ごまかしなどできません。 エントリは唯一のもので エン非代替です。

トークンは、ブロックチェーン上のエントリの一種です。 これらは、デジタル資産の所有権情報と履歴を含むスマートコントラクトを表しており、これらのトークンが、NFTのTです。

さて、NFT が何であるかを理解できたので (できたと願います)、NFT がどのようにしてデジタル アートに関わるようになったかについて話していきましょう。

NFTはいつ、だれが始めたの?

2014年、ハッカソンのイベントでアーティストの Kevin McCoy と技術起業家の Anil Dash がチームを組みました。 彼らは、アーティストが自分のデジタル アートに対して所有権を主張できる方法はないかと考えていました。当時マッコイは独学でコーディングを学び、NameCoin と呼ばれるブロックチェーンを試していました。 マッコイとダッシュは、マッコイの妻が作成したループするアート ビデオをブロックチェーンに登録する方法を見つけました。 彼らはこのソリューションに「収益化されたグラフィックス」という名前を付けました。周りの人達はそれを笑いました。それは時代を少し先取りしていたのです。

NFTとは?その歴史と仕組みを徹底解説
これはKevin McCoyとAnil DashがNFTとして作成した史上初のデジタルアート、Quantumです。 2021 年にサザビーズで 147 万米ドルで売却されました。 笑っているのがマッコイとダッシュです。

2017年、Matt Hall と John Watkinson が CryptoPunks を作成したとき、NFTアートに新たな風が吹きました。 彼らはプログラマーで、イーサリアムのシンプルなプログラミング言語を好み、10,000ものパンクロックなピクセル化されたアバターを作成し、各キャラクターにNFT を発行しました。 そしてWeb サイトに 9,000 のCryptoPunkを掲載し、誰でも無料で求めることができるようにして、残りの1,000を自分たちのためにキープしておいたのです。 最初は、NFTを求める人はほとんどいませんでした。 しかし変化が訪れたのは、 Mashableの記事でCryptoPunks が取り上げられたときです。 その後24 時間以内に9,000 個の CryptoPunk はすべて求められ、その後所有者はCryptoPunk をアフターマーケットで販売し始めました。そして2017 年末までに、CryptoPunk NFT は 170,000 米ドルで販売されたのです。

そして2018年、John Crain は SuperRare を作成しました。 CryptoPunks の成功により、Crain はアーティストたちが自分の作品から利益を得れるようサポートするため、デジタルアート NFT を販売するためのプラットフォームを作成しました。 NFT以前の従来のアートの世界では、アーティストは大抵、販売手数料として50%を取るアートギャラリーを通じてしか作品を販売できませんでした。 しかしSuperRareの手数料は15%しかかからず、さらにブロックチェーンテクノロジー独自の革新的な強みは、デジタルアートNFTを販売するごとに、アーティストに10%のロイヤルティが与えられるのです。 このようなロイヤリティの付与は、今までアートの世界にはありませんでした。

2019年、Coldieという名の SuperRareアーティストがNFTアート を 1000米ドルで販売しました。 SuperRareのNFTアートが4桁を超えたのはこれが初めてだったので世間を騒がせました。 仲間のアーティストやコレクターは、彼を「キング コルディ」と呼んでいます。

2020年までに、SuperRareは 6桁の壁を破りました。そのアーティストの 1 人である Matt Kane は、ビットコインの価格変動に応じて変化するデジタルアートワークのNFTを販売しました。

2021年、7桁の壁をアーティストのパクが破りました。 The Pixel と呼ばれる彼らのNFTアートは、196万米ドルで販売されました。 それは文字通り一つ一つ灰色のピクセルでできています。

NFTとは?その歴史と仕組みを徹底解説
パクの作品、The Pixel

そして、デジタルNFTアートがどこまで伸びたのかを示すために、前述の Beepleの Everyday - The First 5000 Daysを紹介しておきましょう。これには6900万ドルの価値がつきました。 これは、一つの NFTに対して支払われた最高額です。これはさらに、今までで最も高額NFTの9,100 万ドルのNFTを所有するPakをも超えているのです。これは何千ものコレクターによってミントされた何千もの作品を含むコレクションでした。それにもかかわらず、販売量はそれ自体を物語っています。

NFT と 3D アート

NFT は、画像、GIF、ニューヨーク タイムズのコラム、ツイートなど、あらゆるデジタルなものに対して発行できるため、3Dアートに対しても発行できます。 そう、3D アーティストとしてNFTでお金を稼ぐことができるということです。

たとえば、GarageFarm の常連の 1 人、Victor Duarte を例にしてみましょう。 彼は多くの 3D 画像とアニメーションを作成し、NFT を作成して MakersPlace で販売しました。 彼の作品のNFTは、3,000 米ドルから 13,000 米ドルで販売されています。 ここからビクターのインタビューを読むことができるので、3D アーティストとしてNFTでお金を稼ぐ方法に興味がある方は是非ご覧ください。

関連記事

Chat