Cinema 4D vs Blender: ガイド決定版

Cinema 4D vs Blender: ガイド決定版

ソフトウェアの対決: Cinema 4D vs Blender

Cinema 4D かBlender、どちらのほうが優れているでしょうか?という質問は愚問かもしれません。

しかし、3Dグラフィックスを始めようとしている初心者の方でも、Cinema 4D とBlenderのいずれか、または両方ですでに長年制作経験がある方でも、おそらくこの疑問を持ったことがあるのではないでしょうか。 あなたが初心者であればどちらが習得しやすいか知りたいでしょうし、あなたがプロなら他の使っていないソフトウェアであなたが知らない機能やメリットを知りたいと思うでしょう。

この記事では様々な面で、どちらのソフトウェアが優れているかについて、洞察と意見を紹介します。しかしもちろん、最終的に「どちらが良い」かどうかは、ニーズ、プロセス、状況によって異なり、結局はあなた次第です。

ユーザーインターフェイス、モデリング、レンダリング、アニメーション、および価格設定の 5 つのテーマを中心に比較していきます。 最後に技術以外の課題、つまり価格に関して比較しますが、費用面で決定してしまう前に、まずそれぞれの機能を把握してください。

比較に入る前に注意しておくことは、Cinema 4D と Blender は結局は好みの問題だということです。 どちらも完全な機能を備えた強力な 3D ソフトウェアであり、フォトリアリスティックな表現も可能で、驚くべき 3D ビジュアルを制作できます。もちろん、自分のスキルを磨くために時間を割くことが条件です。

Cinema 4D のユーザーであれば、シネマ 4D レンダーファームのをいつでもご利用いただけます。特に、短い制作期間と決まった予算でプロジェクトをレンダリングする必要がある場合は、是非有効活用してください。 料金はこちらをご確認いただけます。

それでは、ソフトウェアの解説にいってみましょう!

ユーザーインターフェース

Cinema 4D のユーザーインターフェイスは、Blender よりも直感的で、むしろすべての 3D ソフトウェアの中で最高のユーザーインターフェイスを備えていると言っても過言ではありません。 Cinema 4D の UI はシームレスに設計されているため、初心者の方でも使いやすく、数日でメニューやツールに慣れることができます。

Cinema 4D では、すべてのオブジェクト プロパティ、ブラシ設定、アドオン、およびその他の機能が 1 つのエリアに表示されます。 これを Blender と比較すると、Blenderではさまざまな設定が別々のパネルに表示されるので、画面が散らかって混乱を招く可能性があります。

Cinema 4D のユーザーインターフェイス
Cinema 4D のユーザー インターフェイス

Cinema 4D の UI のもう 1 つの良い点は、シーン内のすべてのオブジェクトを管理する、オブジェクトマネージャーです。 1 つのシーン内に何千ものオブジェクトがあるプロダクションレベルのシーンを扱う場合、優れた管理システムが絶対的に重要です。 Cinema 4Dの オブジェクトマネージャーは、タグ付けシステム、テイクシステム、ドラッグ アンド ドロップ機能などにより、作業をよりシンプルにしてくれます。

UI に関して Blender が Cinema 4D より優れているのはアニメーションです。 Blender では、キーフレーム タイムラインとグラフ エディターを簡単に切り替えることができます。 Cinema 4D とは異なり、すべてのロケーション キーフレームを一度に表示したい場合は、混乱する可能性があります。

モデリング

Cinema 4D と Blender 4D はどちらもポリゴンモデリングに優れています。 しかし、スカルプトに関しては、Blender のほうがCinema 4D のほうが良いでしょう。 スカルプティングは Blender が特別に力を入れていて、多くのスカルプティングブラシが内蔵されており、毎週のようにスカルプティングの更新があります。 これにより、Blender はキャラクターモデリングにも適しています。 クリーチャーや人物のモデリングをする場合、Blender のスカルプト ツールは、怒り狂うオークの戦士から風変わりなオフィスのお父さんまで様々なモデリングに最適です。Blender のスカルプト ツールは、ディティールの細かな建物の作成にも役立ちます。

Blender のスカルプトツール
Blender のスカルプトツール。 これらのツールを使用すると、複雑で有機的な形状を簡単に作成できます。

シーンの作成に関しては、Cinema 4D のアセットライブラリを使用すると、簡単に行うことができます。 シーンをすばやく組み立てるために使用できる 3Dオブジェクト、マテリアル、およびノード カプセルの膨大なコレクションがあり、花瓶から木、本、石まで様々なものがあります。

レンダリング

レンダリングに関しては、Cinema 4D と Blender のどちらが優れているでしょうか。これは比較するまでもありません。Cinema 4D は、ネイティブの物理レンダリングエンジンに加えて、Redshift、V-Ray、Octane、および Arnold の組み込みサポートも備えています。 Blender には Eevee (リアルタイム レンダリング エンジン) と Cycles しかありません。 Eevee は、プロレベルの出力ではあまり使用されません。 そして、Cycles はかなり良く機能しますが、Cinema 4D の Redshift、V-Ray、Octane、および Arnold と比べると、レベルが違います。

ほとんどの映画製作レベルの VFX およびワールドクラスの建築ビジュアライゼーションのデザイン事務所では、これら 4 つのCinema 4Dレンダリング エンジンのいずれかを使用してレンダリングを行っています。 そして今のところ、Arnold のメーカーである Autodesk は Blender 用の Arnold をリリースする予定はありません。 しかし、Blender コミュニティのユーザーが、Blender を Arnold などのトップ サードパーティ レンダリング エンジンと橋渡しするプラグインを作成しました。

Arnold プラグインを実行する Cinema 4D
Arnold プラグインを実行する Cinema 4D

アニメーションと VFX

Blender には、優れた流体、煙、布、および炎のシミュレーションがあります。 Cinema 4D のものよりも優れたネイティブの Blender ツールを使用して、リアルな流体や煙、炎の効果を得ることができます。

Blenderによる煙と炎のシミュレーション。
Blenderによる煙と炎のシミュレーション。

ただし、これは重要なことですが、Cinema 4D には、パーティクル ダイナミクス エフェクトの標準であるプレミアム プラグイン (有料)である X-Particles のサポートが組み込まれています。 一度X-Particles を Cinema 4D で体験してしまうと、もう元に戻したくなくなるかもしれません。 ただし、107.25 ドル (ラーニング エディション) から 1072.50 ドル (完全版) の範囲で設定できます。 X-Particles は、他のプラグイン、アドオン、およびライブラリを含む Insydium Fused Collection の一部としてのみ販売されており、個別に購入することはできません。

2D アニメーションに関して言えば、Blender は Cinema 4D を凌駕しています。 Blender には、3D 空間内で 2D アートを描画、合成、アニメーション化できる独自のツールのグリース ペンシルと呼ばれるものがあります。 しかし、なぜ 3D ソフトウェアで 2D を作成する必要があるのでしょうか?それは、グリース ペンシルなどは、映画制作時に重要なコンセプトアートや絵コンテに最適だからです。 しかしそれだけに限りません。グリースペンシルの力を借りれば、Blenderで2Dアニメーションの動画を作成できます。Blender Studio がその 2D 機能を紹介するためにアニメーションを公開していますので、是非ご覧ください。 これはすべて Blenderだけで作られています。

Blenderだけで作られたアニメーション
このショートフィルムは、Blender の 2Dの機能を紹介するために完全に Blenderだけで作成されました。

モーション グラフィックスの場合、大抵のアーティストは Blender よりも Cinema 4D を選ぶかもしれません。直感的でわかりやすく、強力な機能パレットである MoGraph Toolset を備えており、ロゴが飛びまわったり、文字が合体したり動き回ったり、または抽象的な効果など、モーショングラフィックスで可能な動きのほとんどの機能を提供します。

価格

これまでのところ、Blenderに比べてCinema 4Dの良いポイントのほうが多かったと気づいたと思います。しかし、ここでどんでん返しがあります。そう、Blender は無料です。

冒頭で、Blender と Cinema 4D は両方とも完全な機能を備えた強力な 3D ソフトウェアであり、ほぼ同等の 3D 出力を提供できると述べたことを覚えていますか? それは本当ですが、Blender は完全に無料のオープンソースであり、継続的に更新され、無料のアドオンの巨大なバンクがあります。そして今すぐダウンロードして (わずか 147MB です!)、すぐ使い始めることができます。したがって、Blender も優れた (そして改善され続けている) 3D ソフトウェアであり、素晴らしい機能がたくさんある魅力的なソフトです。

Cinema 4D の月額サブスクリプションは約 109 ドルからで、プレミアム 3D ソフトウェアの中でも手頃な価格の 1 つです。 Cinema 4D が 3D 制作のいくつかの面で業界のスタンダードであることを考えると、Blender に負けているわけではないと言えるでしょう。

今回の記事は、C4D と Blender の比較に焦点を当てています。 もちろん、両方を使用するのもありです。 たとえば、Blender でコンセプトレンダリングとストーリーボードを作成し、最終的なレンダリングの際にすべてを Cinema 4D に移植してレンダリングできます。 Cinema 4D と Blender はどちらも 3D の強力なツールであり、それぞれに独自の長所があり、あらゆる 3D アーティストにさまざまな可能性をもたらします。

関連記事

Chat