【Erindale.XYZインタビュー】Blenderで手続き型生成オブジェクトとサーフェイスを作成する

【Erindale.XYZインタビュー】Blenderで手続き型生成オブジェクトとサーフェイスを作成する

現在、世界は不安定な状況ですが、Nodevemberは毎年盛り上がっています。 Nodevember は、3D アーティストに彼らの手続き型生成を使用した作品の紹介と、成長できる機会を提供しています。 今回私たちは、何千人ものフォロワーからErindale として知られているBlenderの手続き型生成の専門家である、 Erin Woodfordにインタビューしました。Erinと対談したいと思った理由は、彼が手続き型生成に対してオープンにアプローチしているアーティストだからです。 Erin は革新的な作品を作るフリーランスの 3D モデラ―であり、 Youtube チャンネルでもBlender を使用して手続き型生成のチュートリアルを公開しています。この記事では、Erin が 3Dの世界に足を踏み入れたきっかけ、手続き型生成が重要な理由について、3D業界で独立するまでの道のりについてを紹介していきます。

Erinとの対談の全容は、ポッドキャストのエピソードからお聞きいただけます: Nodevember procedural magic with Erindale.xyz.

Blenderは現在では、CG 業界において一般的なツールになったように見えますが、ほんの数年前まで、プロのCG アーティストがプロジェクトで使用するソフトウェアとは見なされていませんでした。 しかし、ビデオ ゲーム開発がCG 業界において勢力を拡大し、年々新規ユーザーが拡大するのに伴い、いまでは多くのプロが Blender を使用してデザインを行っています。

Knitted material by Erin
編まれたマテリアルby Erin

Erin は 10 代前半頃に Pro/DESKTOP (現在は廃止された CAD ツール) を使い始め、3D モデリングの世界に足を踏み入れました。しかしその後、ビデオ ゲームの作成に興味を持ち、Blender バージョン 2.49 を使用し始めました。

歳月が過ぎて彼は大学に進学し、コンピュータ アニメーション ビジュアライゼーションの学科を専攻しましたが、当時はその道に確信が持てなかったため、数年間 3D モデリングの世界から離れ、キャビネット メーカーの仕事を学びました。

このキャリアを通じて、彼はインテリア デザイン、特にビジュアルを作成することに楽しみを見出しました。一般的にインテリア デザイナーが使用するツールではなく、彼はBlender を使用してリアルで素晴らしいインテリア デザインのビジュアルを作成しました。

インテリア デザイン スクールの最終学年に、彼はコンピュテーショナル デザインに強い関心を持ち始めました。特に、コンピューターが単にデザインのツールではなく、演繹的推論によりコンピューターをデザインのパートナーにすることに興味を持ち始めました。

デザイナーとしてより抽象的で実験的なスキームで作品を作り、公開したいという願望によって、彼のコンピューテーショナルデザインへの強い関心は高まっていきました。そしてデザインの限界を押し上げたいという気持ちが、彼を手続き型生成のアートへと導きました。

多くの人は、手続き型生成は数学に重点を置いたデザインであると考えて敬遠していますが、Erinは特別な数学の知識は必要ないと言っています。 また、手続き型生成に必要なのは基本的な数学のスキルだけであり、値の設定方法とそれらが何を表すかを理解していれば、特に Blender のインターフェースでは、手続き型生成のデザインは自然にできるようになるとも言っています。

INGRAINED CREATIVE STUDIOS render by Erin Woodford
Erin Woodford による INGRAINED CREATIVE STUDIOS のレンダリング

Erin は、アート志向の強い 3D デザイナーに対して、手続き型生成とアーティスティックなデザインを行うためにSubstance 3D Designer を勧めています。Substance と Blender の違いは、例えば何かをミラーリングしたい場合、Substance ではアーティスティックな選択肢があります。そしてBlender とは対照的に、何かをミラーリングしたい場合は、それをノードの最初に配置することを事前に考える必要があります。

手続き型生成を行ってみたいデザイナーにErin が勧めるもう一つのヒントは、単純にプログラムにすでに付属している手続き型生成システムを検索して、手続き型生成のオンラインコミュニティで参考になるものを調べてみることです。

ただし、手続き型生成は完全にゼロから作成された作業に適しているため、自分のアートをシーンで複製したい場合は苦労するということを、手続き型生成アーティストは覚えておく必要があります。

Nodevember の期間中、3D手続き型生成アートにおける「ゼロから作成」の必要性が、Erin の仕事と生活のバランスに大きな影響を与えました。彼は、Nodevember の 1 か月間、毎日新しいシェーダーを作成しなければならないという課題に直面しました。そしてErin はNodevember チャレンジ中に、彼のコミュニティで無料でアクセスできるアールデコ パターンクリエーターのツールを開発しました。

当時、彼の仕事とプライベートのバランスは仕事に偏っていましたが彼はそれに満足しており、むしろチャレンジに集中するために、他の依頼を断ることさえありました。Erin は、Nodevember を活用して彼のフォロワーをさらに増やし、将来手続き型生成アーティスト達がプロジェクトに行き詰まったときに参考にできる有用なコンテンツを作成したいと考えていました。

Erin の 3D モデリングにおける最終的な目標は、お金をたくさん稼ぐことではなく、Blenderで最も好きなことである手続き型生成の 3D モデリングを行いながら自分自身を成長させていくことです。 現在彼は、手続き型生成のコミュニティの人々の参考になるコンテンツを集中して作成するために、今のビジネスモデルを改善しています。

彼はオンラインでの教育活動のみで収入を得ているわけではありませんが、現在オンライン上のいくつかの方法で収入の一部を稼いでいるそうです。

  • アフィリエイト リンクの手数料
  • Youtube広告収入
  • Patreonのサブスクリプション
  • 1 回限定の無料アセットの寄付

Blender を使用してオンラインでブランディングする一方で、Erin は生活費を低く抑えおり、家族を養わないといけないというプレッシャーもありませんでした。そのため、手続き型 3D モデリングを収益化するというリスクにチャレンジできたのです。彼はクライアントの仕事に伴う様々な課題を対処する代わりに、自分の裁量で教育コンテンツを提供したいと考えています。

Erin は、現在の 3D デザイナーたちは手続き型生成の 3D モデリングを試してみたほうが良いと考えています。システムの適切な使用方法を理解すれば、時間を節約できるからです。 適切なアセットを何度も探すのではなく、必要なときに必要なものを作成するだけでよいそうです。 そして手続き型生成は強力であり、最初に足を踏み入れるための壁が年々低くなっていると強調しています。

Nodevember 2020 では、何千人もの 3D アーティストが挑戦し、新しい手続き型生成のテクニックを学びました。 パンデミックにより、多くの人々が3Dでの新しいアプローチを学ぶ時間が増え、Erin の手続き生成への情熱は、3Dを作成する何千人もの人々を励ましました。 彼は、現在使用しているプラットフォームに関係なく、すべての人に手続き型生成を試してみることを勧めています。 すでに 3D コミュニティ向けにかなりの量のコンテンツを作成したErin は、現在も親しみやすい方法で手続き型生成に役立つコンテンツを作成し続けています。 手続き型生成は間違いなく CG 業界の未来であり、 Erin は世界中の多くのアーティストのために道を切り開いています。

>ガレージファームのTOPへ

関連記事

Chat