フリーランスとしてクオリティの高い作品を作成し続けるには

フリーランスでコンスタントにクオリティの高い作品を作成していくには

コロナの影響により、ここ数年でフリーランサーとなってプロジェクトを個人で請け負うワークスタイルに転換する人が増えました。しかし仕事をこなす上で、様々なことを一人で決めて遂行するのは難しいことも多いです。

今回の記事では、コロナのパンデミック以前からフリーランサーとして独立されていたCGデザイナーのよし・ひらさんに、いかにフリーランスで質の良い作品を作り続けていくかについて語っていただきました。

フリーランサーとしての時間の使い方とマイルストーン

よし・ひらさんは普段はモーショングラフィックやモデリングの仕事をされており、最近では仕事や表現の幅を広げる為に3DCGの勉強をされているそうです。4年前に映像の仕事をしたいとデザイン系の企業を退職してフリーランスとなったよし・ひらさんに、普段時間の使い方やマイルストーンにおいてどのようなことに気をつけているのかお聞きしました。

「徹夜や朝から晩まで休憩無しで仕事をしないようにしています。個人での仕事なので体調を崩さないためにも息抜きや休息の時間をとるようにしています。

マイルストーンは先方に確認するタイミングです。絵コンテ・ビデオコンテ・デザインラフなど細かく区切ってデザインのすり合わせをしています。」

一人で案件を遂行していくには、確認も自分一人で全て責任をもって行う必要があります。

そういった工程を確実にこなしていくことで、クライアントとの信頼性をますます高めることができます。

そういったやりとりを通して、よし・ひらさんがモデリング〜編集まで担当された作品の一つを下記よりご覧ください。

EOWというバンドのEVERという曲のMVを担当されています。近未来的でディストピアな世界観に対して、絵本のキャラクターのような可愛らしい要素も含まれた作品になっています。

時間を有効に使うためのヒント

フリーランスで仕事をこなしていくと、自分であらゆるジャンル、業務を行っていく必要があり、時間配分が難しくなるのは言うまでもありません。

今回そのワークフローの中でも時間を割かなければいけないレンダリングに対して、ガレージファームのレンダーファームBlenderのレンダーファームを使用していただいて、どれほど効率化できたかについてお聞きしました。

「レンダーファームの使用は初めてです。ガレージファームさんからご連絡をいただいて知りました。

レンダリングしたのはハイポリゴンの3Dのアニメーションで、3DソフトウェアはBlenderを、レンダリングエンジンはCyclesを使用し、600フレームぐらいレンダリングしました。設定と同じくレンダリングができるのかが気になった点でしたが問題なくキレイにレンダリングができていました。全部で1時間~1時間半ぐらいで終わったと思います。

ローカルでレンダリングした場合ですと、10時間以上かかる計算だったので10分の1ぐらいになったのは驚きです。品質も良くレンダリング時間も早く問題は無かったです。」

Blenderのレンダリング

レンダリングはCGで作品を作る工程上、最後の仕上げであり時間がかかってしまう部分です。そこまで頑張って仕上げた作品をレンダリングによって世の中に出すことができるので、仕上がりのクオリティが重要なのは言うまでもありません。

そしてレンダリングの膨大な時間を作品のブラッシュアップに費やしたいと思うクリエイターの方は多いでしょう。

よし・ひらさんのようにクラウドレンダリングを使用することで、レンダリング時間を短縮し、その分作品のブラッシュアップに使用することができます。

CG業界の未来への期待

最後に、今後の制作プランやCG業界への期待などをお伺いしました。

「現在キャラクターを使ったアニメーションを制作中です。今後現在制作しているアニメーションのワークフローでMVやショートフィルムなど制作したいと考えています。

そしてZbrushに興味があり、キャラクターやモンスターのモデリングに使いたいなと思っています。また、テクノロジーではUnreal Engineに興味があり、リアルタイムでリアルなワールドが作成できるので今後の制作の幅が広がると思い勉強しています。」

フリーランスとして様々な作品を作りながら、学ぶことにも積極的なよし・ひらさんの作品は下記アカウントからご覧いただけます。

Twitter:https://twitter.com/Yoshi_Hira413
Instaglam:https://www.instagram.com/kk_meghig/
ArtStation(準備中):https://www.artstation.com/yoshihira

Blenderのレンダリング

関連記事

Chat